今週の軍事関連ニュース (2017/04/10)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 米太平洋軍 (USPACOM : US Pacific Command) 司令官の Harry Harris 大将が、2017/4/8 にシンガポールを出港した USS Carl Vinson (CVN-70) 基幹の空母打撃群 (CSG : Carrier Strike Group) に対して、オーストラリアに寄港する予定を変更して西太平洋にとどまるよう指示。なお、この部隊は "3rd Fleet Forward initiative" の下、第 3 艦隊の指揮下で動く。(US Navy 2017/4/9, DoD 2017/4/10)
  • オランダの Leeuwarden AB に NATO 加盟 7 ヶ国から航空機 48 機と人員 1,100 名あまりが集まり、2017/3/27-4/7 までの予定で合同演習 "Frisian Flag" を開始した。イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) から参加したのは No.31 Sqn. "The Goldstars," の Tornado GR.4×6 機。このほか、Mirage、Typhoon、F-16 が参加している。(Royal Air Force 2017/4/6)

今日のニュースいろいろ
  • 韓国が、国内開発した射程 800km の弾道ミサイルを成功裏に試射した。聯合ニュースが「北朝鮮に対する強力な抑止力になる」との政府高官の発言を伝えている。(SpaceWar 2017/4/5)
  • 英陸軍・軽竜騎兵聯隊 (Light Dragoons) 所属の 150 名が、Catterick Garrison からポーランドの Orzysz に展開した。車両は Jackal と Coyote を持ち込んでおり、6 ヶ月間の展開を予定している。東欧諸国向けコミットメントの一環で、これでイギリスが東欧各地に派遣した人員の総数は 1,000 名ほど。(MoD UK 2017/4/6)
  • 米戦略軍 (USSTRATCOM : US Strategic Command) がノルウェーの通商産業漁業省 (Norwegian Ministry of Defense and Norwegian Ministry of Trade, Industry and Fisheries) との間で、SSA (Space Situational Awareness) のサービス/情報に関する共有合意を締結した。すでに同様の合意を締結しているのは以下の面々。
    • イギリス
    • 韓国
    • フランス
    • カナダ
    • イタリア
    • 日本
    • イスラエル
    • スペイン
    • ドイツ
    • オーストラリア
    • アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates)
    • ベルギー
    • ESA (European Space Agency)
    • European Organization for the Exploitation of Meteorological Satellites
    • 衛星オペレーター 60 社あまり
    これは、宇宙分野の状況認識と運用の安全を向上させるのが目的。(USAF 2017/4/5)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • チェコ国防省が、同国陸軍向けにヘリコプター×12 機を調達する計画を推進中。当初の予算は 6 億コルナ (2 億 4,000 万ドル) だったが、 120 億コルナへの倍増を検討中。候補機種は Sikorsky の UH-60、Airbus Helicopters の H145M、Bell Helicopter Textron の UH-1Y、Leonardo Helicopters の AW139。老朽化した旧ソ聯製ヘリの代替が目的。(DefenseNews 2017/4/7)
  • ロシアがニカラグア南部の Nejapa に、GLONASS (Global Orbiting Navigation Satellite System) の地上局を開設した。中米での開設はこれが初めて。それとは別件で、スペースデブリの監視を担当する ASPOS OKP (Automated Warning System on Hazardous Situations in Outer Space) をブラジルに開設した。(GPS Daily 2017/4/6, SpaceDaily 2017/4/6)
  • Vladimir Putin 露大統領が、Ka-226T ヘリの印露共同現地生産計画を承認した。2016 年 10 月に、HAL (Hindustan Aeronautics Ltd.)、Russian Helicopters JSC、Rosoboronexport の間で合意をまとめていた案件。大統領の承認を受けて、近いうちに MoU を締結してジョイント ベンチャーを設立する。予定調達機数は 200 機で、うち 60 機は完成機輸入、残り 140 機が現地生産。(Press trust of India 2017/4/5)
  • 露 FSMTC (Federal Service for Military and Technical Cooperation) のナンバーツー・Anatoly Punchuk 氏が、アルゼンチンに MiG-29 を提案したことを明らかにした。(TASS 2017/4/5)
  • Vicente Conde 西国防相が、GDELS (General Dynamics European Land Systems) / MOWAG 製の 8x8 装輪 AFV・Piranha 5 の調達計画について議会で明らかにした。まず 348 両を調達するが、将来的には 1,000 両に拡大する。総額 38 億ユーロ (40 億ドル) で、そのうち調達費が 16 億ユーロ、残りが整備・近代化改修などの経費。これにより、6x6 の Pegaso BMR を代替する。(DefenseNews 2017/4/5)

クウェート向け FMS (DSCA 2017/4/6)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、クウェート向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で施設・インフラ建設業務を輸出すると通告した。総額は 3 億 1,900 万ドル。
Al Mubarak AB で実施する飛行場運用・指揮統制・即応・維持管理・生活支援施設が対象。米陸軍工兵隊 (USACE : US Army Corps of Engineers) が、プロジェクト管理、エンジニアリング サービス業務、技術支援、施設/インフラの評価、計画立案、設計、契約管理、施工管理などを担当する。

今日の米軍調達 (Contracts 2017/4/7)
NAVY
  • Boeing Co. (Seattle, WA) : P-8A Poseidon MMA (Multi-Mission Maritime) の訓練システムを対象とするアップグレード改修について、修正契約を $144,939,328 で。米海軍向け $131,894,788 (91%)、オーストラリア向け $13,044,540 (9%)。2018/2 まで。NAWC-TSD (Naval Air Warfare Center Training Systems Division) Orlando, FL (N00019-14-C-0067)
  • 以下の各社は、NAVFAC Northwest の AOR (Area of Responsibility) で実施する各種建設工事を、総額 $99,000,000 で。
    • B3 Enterprises LLC (Woodbridge, VA) : N44255-17-D-4011
    • Iron Mike - Bristol JV LLC (Centennial, CO) : N44255-17-D-4012
    • MACNAK Construction LLC (Lakewood, WA) : N44255-17-D-4013
    • Tompco Inc. (Seabeck, WA) : N44255-17-D-4014
    • Veterans Northwest Construction LLC (Seattle, WA) : N44255-17-D-4015
    州別の配分は WA (92%)、OR (2%)、AK (2%)、ID (1%)、MT (1%)、WY (1%)。2022/4 まで。まず B3 Enterprises LLC が task order 0001 として、Naval Base Kitsap-Bremerton (Bremerton, WA) で実施する屋根交換工事を $2,539,587 で。2018/2 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Northwest, Silverdale, WA
  • GBD JV (Aberdeen, MD) : NAVFAC Washington の AOR (Area of Responsibility) にある飛行場で実施する、新規舗装や舗装直しなどの工事を $50,000,000 で。 2021/4 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Washington, Washington DC (N40080-17-D-0033)
  • Wartsila Defense Inc. (Chesapeake, VA) : 前プロトタイプ版の推進システム用ハードウェアと試験用コンポーネントのハードウェアについて、設計・開発・試験を $29,250,000 で。米海軍向け 90%、オーストラリア向け FMS (Foreign Military Sales) 10%。2022/4 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center) Carderock Division, Bethesda, MD (N0016717D0003)
AIR FORCE
  • Engility Corp. (dba TASC, Andover, MA) : Space and Missile Systems Engineering Directorate 向けの助言・支援業務 (A&AS : Advisory and Assistance Services) を $40,956,755 で。宇宙配備システム、地上セグメント、打ち上げシステムに関する技術分析・リスク評価を実施する案件。Los Angeles AFB で実施、2022/10/8 まで。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center), Los Angeles AFB, CA (FA8802-17-F-4001)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Barr Laboratories Inc. (North Wales, PA) : Type 4 と Type 7 アデノウィルス ワクチンについて、オプション 3 契約分を $35,943,400 で。陸海空軍・海兵隊向け、2018/12/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2DP-15-D-0002/P00006)
ARMY
  • CEMS Engineering Inc. (Summerville, SC) : Picatinny Arsenal などで実施するアーキテクト/エンジニアリング業務を $9,900,000 で。2022/4/6 まで。Army Corps of Engineers, New York, NY (W912DS-17-D-0003)

今日の報道発表 (北米編)
  • MCAS Yuma で実施した WTI 2-17 (Weapons and Tactics Instructor Course 2-17) に際して、VMFA-211 と MAWTS-1 (Marine Aviation Weapons and Tactics Squadron 1) が 2017/4/4 に F-35B によるホット ロードを実施した。使用したのは GBU-12/B Paveway と GBU-32/B JDAM (Joint Direct Attack Munition)。(USMC 2017/4/6)
  • USS Gerald R. Ford (CVN-78) が 2017/4/8 に、初の自力での航海を開始した。これから建造所側の試験航海を実施することになる。(US Navy 2017/4/8, DefenseNews 2017/4/8)

今日の報道発表 (その他編)
  • BAE Systems Australia のパッシブ RF (Radio Frequency) センサーが JSM (Joint Strike Missile) で使われることになり、政府と Kongsberg Gruppen ASA 傘下・Kongsberg Defence and Aerospace との間で契約が結ばれた。契約額は 1 億 5,000 万クローネ。すでに、適合性確認やインテグレーション作業に使用する前量産型を納入済みで、この後は認証試験用の改良型を納入する。(BAE Systems 2017/4/7, Kongsberg Gruppen 2017/4/7, F35.com 2017/4/10)
  • 欧州防衛庁 (EDA : European Defence Agency) の研究プログラム PASEI (Protection of Autonomous Systems against Enemy Interference) に、スイスが参画することになった。ドイツが主導、フィンランドとオーストリアが参画することになっている案件で、そこにスイスが加わる。協力合意の枠組みに基づいてスイスが EDA のプログラムに参画するのは初めてのことで、EDA のボス・Jorge Domecq 氏は歓迎の声明をリリースした。(EDA 2017/4/6)
  • 欧州防衛庁 (EDA : European Defence Agency) の "EU SatCom Market" 構想に、ポーランドが加わることになった。2009 年にスタートしたプログラムで、ポーランドは 23 番目のメンバー。他のメンバーは、オーストリア、ベルギー、キプロス、エストニア、フィンランド、ドイツ、ギリシア、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スペイン、イギリス、セルビア、Athena Mechanism。民間ミッションとしては EU-CAP SAHEL Niger、EUCAP SAHEL Mali、EUAM Ukraine、EUCAP NESTOR、EUMM Georgia がある。(EDA 2017/4/6)
  • フランス政府が、Fincantieri Sp.A による STX France の買収に同意、これを受けて Fincantieri は歓迎の声明をリリースした。引き続き、最終的な買収合意実現に向けて折衝を進めていくとしている。(Fincantieri 2017/4/6, DefenseNews 2017/4/7)
  • Safran Group は、米国子会社の Morpho Detection LLC とその他の探知技術関連事業について、Smiths Group plc への売却を完了した、と発表した。(Safran 2017/4/7)
  • Ukroboronprom SE 傘下の Scientific and Production Complex Iskra がウクライナ軍に、79K6 レーダー ステーションをデリバリーした。デジタル フェーズド アレイ式の 3 次元レーダー。(Ukroboronprom 2017/4/6)
  • IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) は、インド陸軍向けの MRSAM (Medium-Range Surface-to-Air Missile) に関する 16 億ドル超の契約を受注した。同社は空母搭載用の LRSAM (Long-Range Surface-to-Air Missile) も担当することになっている。(IAI 2017/4/6)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/4/6)
AIR FORCE
  • URS Federal Services Inc. (Germantown, MD) : RPA (Remotely Piloted Aircraft) 運用サービス業務を $3,600,000,000 で。試験、戦術開発、高等訓練、統合軍ならびに空軍向けの緊急需要対応という内容。作業場所は以下の通り。
    • NTTR (Nevada Test and Training Range, NV)
    • Creech AFB, NV
    • TTR (Tonopah Test Range Airfield, NV)
    2034/3/31 まで。Air Force Test Center, Hill AFB, UT (FA8240-17-D-4651)
  • Northrop Grumann Mission Systems (Woodland Hills, CA) : EGI-M (Embedded Global Positioning System and Inertial Navigation System - Modernization) の技術熟成・リスク低減作業について、修正契約を $49,273,664 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。前契約は FA8540-14-D-0001。2018/6/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8540-17-F-0013)
  • Honeywell International Inc. (Clearwater, FL) : EGI-M (Embedded Global Positioning System and Inertial Navigation System - Modernization) の技術熟成・リスク低減作業について、修正契約を $30,435,442 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。前契約は FA8540-13-D-0002。2018/9/30 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Robins AFB, GA (FA8540-17-F-0012)
  • Siemens Industry Inc. (Buffalo Grove, IL) : Switchgear Replacement Effort Program の下で実施する、ガス封入式遮断機の納入・設置を $48,000,000 で。作業場所は以下の通り。
    • Arnold AFB, TN
    • Mountain View, CA
    • Eglin AFB, FL
    • Holloman AFB, NM
    • Kirtland AFB, NM
    • Wright- Patterson AFB, OH
    2022/4/5 まで。Air Force Test Center, Arnold AFB, TN (FA9101-17-D-0001)
  • BAE Systems Information and Electronic Systems Integration Inc. (San Diego, CA) : Air Vehicle Planning System を対象とする整備・維持管理業務の追加に伴う修正契約を $42,850,000 で。武器の新規導入あるいは改修に伴うAPS (Army Prepositioned Stock) の修正も実施。作業場所は以下の通り。
    • Offutt AFB, NE
    • Bellevue, NE
    • San Diego, CA
    2019/7/31 まで。55th Contracting Squadron, Offutt AFB, NE (FA4600-12-D-0002/P00018)
  • Weldin Construction LLC (Palmer, AK) : JB (Joint Base) Elmendorf-Richardson で実施する整備・補修・小規模建設工事について、オプション契約分を $20,000,000 で。2018/4/23 まで。673rd Contracting Squadron, JB (Joint Base) Elmendorf-Richardson, AK (FA5000-15-D-0007/P00003)
  • Blaine Warren Advertising LLC (Las Vegas, NV) : AFRC (Air Force Reserve Command) 向けの人員徴募広報業務を $18,832,138 で。計画・立案・実行に加えて効果の測定も実施する。2018/4/3 まで。Headquarters AFRC, Robins AFB, GA (FA6643-17-D-0001)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Hologic Inc. (Bedford, MA) : 放射線関連システム、アクセサリー類、訓練業務を $721,137,975 で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、基本契約 5 年間、2022/4/5 まで。さらに 5 年間のオプション契約を設定。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2D1-17-D-0027)
  • 以下の各社は、UGR (Unitized Group Ration) で使用する各種民生品を受注。
    • OhSix Logistics LLC (Watsonville, CA) : $22,150,015 (SPE3S1-17-D-Z208)
    • Atlantic Beverage Co. (Edison, NJ) : $9,005,536 (SPE3S1-17-D-Z210)
    懇請 SPE3S1-16-R-0004 による。陸軍・海軍・海兵隊向け、2022/4/5 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA
ARMY
  • 以下の各社は、Product Office Tactical Uunmanned Aaircraft Ssystems 向けのテクニカル サービス業務を総額 $900,000,000 で。
    • Leidos Inc. (Reston, VA) : W911QY-17-D-0017
    • AASKI Technologies Inc. (Tinton Falls, NJ) : W911QY-17-D-0018
    • AAI Corp. (Hunt Valley, MD) :
    2022/4/5 まで。Army Contracting Command, Natick, MA
  • 以下の各社は、電子警備システムの納入・設置・サービス・維持管理を総額 $270,000,000 で。
    • Atlantic CommTech Corp. (Norfolk, VA) : W912DY-17-D-0008
    • Evergreen Fire and Security (Tacoma, WA) : W912DY-17-D-0009
    • Infotec Systems Corp. (Summerville, SC) : W912DY-17-D-0010
    • Integrated Security Solutions (Kalispell, MT) : W912DY-17-D-0011
    • LVW (Low Voltage Wiring Ltd., Colorado Springs, CO) : W912DY-17-D-0012
    • Signet Technologies Inc. (Beltsville, MD) : W912DY-17-D-0013
    • Kbrwyle Technology Solutions LLC (Columbia, MD) : W912DY-17-D-0014
    • Johnson Controls Building Automation Systems LLC (Huntsville, AL) : W912DY-17-D-0015
    • M.C. Dean (Sterling, VA) : W912DY-17-D-0016
    • Leidos Inc. (Reston, VA) : W912DY-17-D-0017
    • Secure Mission Solutions LLC (Centerville, VA) : W912DY-17-D-0018
    • Xator Corp. (Reston, VA) : W912DY-17-D-0019
    2022/3/20 まで。Army Corps of Engineers, Huntsville, AL
  • Honeywell International Inc. (Phoenix, AZ) : TIGER (Total Integrated Engine Revitalization) 計画向けのハードウェアに対、修正契約を $84,036,098 で。Anniston Army Depot 向け、2017/12/31 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-12-C-0344/P00061)

今日の報道発表 (北米編)
  • Raytheon Co. は米ミサイル防衛局 (MDA : Missile Defense Agency) から、AN/TPY-2 レーダーのハードウェア/ソフトウェア更新に関する 1,000 万ドルの契約を受注した。(Raytheon 2017/4/6)
  • 2017/4/8 に HII (Huntington Ingalls Industries Shipbuilding Inc., Pascagoula, MS) で、Arleigh Burke 級イージス駆逐艦・USS Paul Ignatius (DDG-117) の命名式が行われる。艦名は、施設・兵站担当次官、後に 1967-1969 年にかけて海軍長官を務めた人物にちなむ。John Richardson 海軍作戦曹長がスピーチを、Paul Ignatius 氏夫人の Nancy W. Ignatius 氏がスポンサーを務める。(US Navy 2017/4/6, HII 2017/4/8)
  • 米海軍は、OBOGS (Onboard Oxygen Generation System) の不具合が疑われている T-45C について、3 日間の飛行停止を発令した。この間にパイロットから意見を聴取して、問題解決のためのリスク低減を図るとしている。(US Navy 2017/4/5)
  • KC-135 用の搭乗員訓練機材を手掛けている Canadian Aviation Electronics USA が、DTCN (Distributed Training Center Network) への接続承認を獲得した。これにより、KC-135 のシミュレータと他機種のシミュレータを連接する「通信訓練」が可能になる。導入の順番は以下の通り。
    • Scott AFB, IL
    • Fairchild AFB, WA
    • March ARB, CA
    • Grissom ARB, IN
    • MacDill AFB, FL
    (USAF 2017/4/4)
  • Boeing Co. は、新設する Global Services 部門の本部をテキサス州 Plano に設置する、と発表した。7 月に業務を開始する。(Boeing 2017/4/5)

今日の報道発表 (その他編)
  • GDUK (General Dynamics United Kingdom Ltd.) は英国防省から、英陸軍向け次世代戦術通信/情報システムの開発を 45 ヶ月間・3 億 3,000 万ポンド (4 億 1,100 万ドル) で受注した。計画名称は Morpheus、Bowman 戦術通信システム (BCIP 5.6) から発展させる形で EvO (Evolve to Open) 手法を用いてオープン アーキテクチャ化を図る。国防省では、この契約によって South Wales で 250 名の雇用につながるとしている。(GDUK 2017/4/5, DefenseNews 2017/4/6, MoD UK 2017/4/6)
  • スウェーデン空軍の JAS39 Gripen が 2017/3/28 に、100% バイオ燃料 (CHCJ-5) によるフライトを実施した。これは、GKN Aerospace、Saab、スウェーデン軍国防資材局 (FMV : Forsvarets Materielverk) が共同で、軍事航空におけるバイオ燃料の可能性を実証する目的で実施したイベント。GKN Aerospace は RM12 エンジンの型式証明ホルダーで、今回は燃料の仕様に関する検討や素材面の互換性検証を担当した。同社はヨーロッパの研究計画・Clean Sky にも参画している。(GKN Aerospace 2017/4/5)
  • MBDA は、Sea Venom (FASGW(H) : Future Anti-Surface Guided Weapon (Heavy)) / ANL (Anti-Navire Leger) 空対艦ミサイルと Lynx Mk.8 ならびに Super Lynx の互換性検証を実施したことを明らかにした。まだ世界各地で現役にある両機種に、Sea Venom/ANL を搭載するのが目的。DGP (Defence Growth Partnership) の下、イギリスの DSC (Defence Solutions Centre)、イギリス海軍 (RN : Royal Navy)、QinetiQ plc と共同で作業を実施した。一方、フランスでは仏国防調達局 (DGA : Delegation Generale pour l'Armement) が AS565 Panther を使った試験を実施している。(MBDA 2017/4/5)
  • Thales は、航空機搭載用の AESA (Active Electronically Scanned Array) レーダー・Searchmaster について、海外カスタマー向けの量産初号機が 2017 年 3 月に領収と実働態勢宣言を達成した、と発表した。フランスが 2014 年に ATL2 (Altantique 2) 搭載用として採用を決定、2016 年に飛行試験を実施するところまで作業が進んでいるほか、2016 年にカタールが OPV-A (Optionally Piloted Vehicles - Aircraft) 搭載用として採用を決めて MoU に調印したところ。(Thales 2017/4/6)
  • Damen Shipyards Group が、オーストラリア海軍 (RAN : Royal Australian Navy) の OPV (Offshore Patrol Vessel) 調達計画・Project Sea 1180 フェーズ 1 に対する提案を実施した。予定建造隻数は 12 隻。ASC Forgacs Shipbuilding と組んで、最初の 2 隻を South Australia で、残り 10 隻を Western Australia で建造するとしている。(Damen Shipyards Group 2017/4/5)
  • タイ陸軍 (RTA : Royal Thailand Army) が北方工業公司 (NORINCO : China North Industries Corp.) に、8x8 装輪装甲車 VN-1 (ZBD-09 の輸出型)×34 両を 20 億バーツ (5,800 万ドル) で発注した。30mm 機関砲と 7.62mm 同軸機銃を持つ装甲兵員輸送車 (APC : Armoured Personnel Carrier) 型。また、VT4 戦車の第二陣・10 両を 5,800 万ドルで発注したことも明らかになった。2016 年の 28 両に続く発注で、これによって M41 Walker Bulldog を代替する考え。(Thai Armed Forces 2017/4/5, IHS Jane's 360 2017/4/4, DefenseNews 2017/4/4)
  • アルゼンチンの準軍事部隊 (Argentine National Gendarmerie) が、法執行任務に使用するヘリコプターとして Leonardo Helicopters 製 AgustaWestland AW169 の採用を決定した。2017 年の後半にデリバリーする予定。(Leonardo 2017/4/6)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/4/5)
NAVY
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-35 用の TR3 統合コア プロセッサと関連サブシステムについて、作業追加に伴う修正契約を $129,430,321 で。ロット 15 分、前契約は N00019-14-G-0020。米空軍向け $51,772,129 (40%)、米海軍向け $25,865,355 (20%)、米海兵隊向け $25,865,355 (20%)、海外パートナー向け $25,927,482 (20%)。2019/3 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-F-0108)
  • Agile Defense Inc. (Reston, VA) : BMC Remedy Enterprise System 向けのソフトウェア、システム工学、設計、開発、インテグレーション、試験、ライフサイクル サポート業務を $23,445,267 で。2022/4/4 まで。SSC (Space and Naval Warfare Systems Center) Pacific, San Diego, CA (N66001-17-D-0125)
  • CoSTAR Services Inc. (San Antonio, TX) : 以下の施設を対象とするベース オペレーション業務を $9,769,325 で。
    • NAS (Naval Air Station) Jacksonville, FL
    • Bureau of Medicine and Surgery
    • Naval Station Mayport
    • Blount Island
    • その他の周辺施設
    基本契約 1 年間、2018/7 まで。さらに 1 年単位のオプション契約 4 年分、すべて実現した場合の総額は $50,216,607。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Southeast, Jacksonville, FL (N69450-17-D-1706)
  • 以下の各社は、AN/USQ-82(V) GEDMS (Gigabit Ethernet Data Multiplex System) のハードウェア、スペアパーツ、導入、チェックアウト作業を受注。オプション契約も設定。
    • Boeing Co. (Huntington Beach, CA) : $6,908,084 / $116,479,956 (N00024-17-C-4108)
    • DRS Laurel Technologies Inc. (Johnstown, PA : $8,314,864 / $76,328,664 (N00024-17-C-4109)
    Arleigh Burke 級の新規建造分、America 級強襲揚陸艦、Aegis Ashore、日本と韓国向け FMS (Foreign Military Sales) で構成。2023/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC
AIR FORCE
  • Rockwell Collins Inc. (Cedar Rapids, IA) : 射場計測システム CRIIS (Common Range Integrated Instrumentation System) のオプション契約分を $21,264,701 で。ロット 2 量産分。設置場所は以下の通り。
    • Eglin AFB, FL
    • Edwards AFB, CA
    • NAS (Naval Air Station) Patuxent River, MD
    • WSMR (White Sands Missile Range, NM)
    • Nellis AFB, NV
    • NAWS (Naval Air Weapons Station) China Lake, CA
    • NAS Point Mugu, CA
    2019/4/5 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8678-10-C-0058/P00076)
  • Northrop Grumman Systems Corp., Northrop Grumman Information Systems (Chantilly, VA) : ストリーミング/スタティック パラレル-グラフ ソフトウェアの開発を $7,203,059 で。問題解決・異変検出などに利用する。2021/10/5 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Rome, NY (FA8750-17-C-0041)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Third Coast Packaging Inc. (Pearland, TX) : 燃料氷結防止剤を $11,776,800 (価格修正条項付き) で。DLA Energy 向け、2019/4/30 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Energy, Fort Belvoir, VA (SPE600-17-D-0751)

今日の報道発表 (北米編)
  • Northrop Grumman Corp. 製 MQ-4C Triton で使用する改良型ソフトウェアを対象とする、ラボ試験と飛行試験が行われた。2018 年初頭に予定している EOC (Early Operational Capability) デプロイメントに向けて一歩前進。(Northrop Grumman 2017/4/4)
  • 2017/3/30-4/2 にかけてカリフォルニア州沖の洋上で、USS America (LHA-6) を対象とする生存性検証試験 (TSST : Total Ship Survivability Trial) が行われた。新型艦に対して実施することになっている試験で、通常兵器を被弾したとの想定で対処のためのシステムや手順を評価する。(US Navy 2017/4/4)
  • L-3 Technologies は 2017/3/17 付で、UUV メーカーの OceanServer Technology Inc. (Fall River, MA) を買収した。買収額は非公開。今後は Sensor Systems 部門の下、L-3 OceanServer との社名で事業を継続する。(L-3 Technologies 2017/4/4)
  • DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) の VTOL X-Plane 計画で使用するサブスケール試験機が、初期段階の飛行試験を完了した。20% スケールの機体で、重量 325lb、Li-Ion バッテリを動力源とする。担当メーカーは Aurora Flight Sciences Corp.。(DARPA 2017/4/4, Aurora Flight Sciences 2017/4/4, IHS Jane's 360 2017/4/5)

今日の報道発表 (その他編)
  • BAE Systems はエストニア国防省麾下の ECDI (Estonian Centre for Defence Investment) から、CV9035 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle)×44 両を対象とするサポート業務契約を受注した。2014 年にオランダから購入した中古車。 (BAE Systems 2017/4/5)
  • Rheinmetall Defence AG の Simulation and Training 部門がタイ海軍 (RTN : Royal Thailand Navy) から、訓練用シミュレータ・NWTS (Naval Warfare Training Simulator) を受注した。Rheinmetall の ASTT (Action Speed Tactical Trainer) をベースとする製品で、契約額は「数百万ユーロ」、インフラを含む建屋の建設も契約に含む。2019 年の第三四半期に稼動を開始する予定。(Rheinmetall Defence 2017/4/5)
  • ブラジル陸軍がアメリカから FMS (Foreign Military Sales) 経由で調達する M109A5+ BR 自走榴弾砲の第一陣が、ブラジルに到着した。米陸軍中古の M109A5 を近代化改修したもの。2017/4/4-7 にかけて開催する LAAD 2017 (Latin American Aerospace and Defence 2017) 展示会で展示するほか、2 両を第 5 軍管区の整備施設に搬入済み。2017-2018 年にかけて 32 両を受領して、第 3 自走砲兵群 (Santa Maria) と第 5 自走砲兵群 (Curitiba) に配備する。(Brazilian Army 2017/3/31)
  • Embraer (Empresa Brasileira de Aeronautica S.A.) 傘下の防衛部門・Embraer Defesa (Embraer Defesa e Seguranca S.A.) の関連企業・Savis and Bradar が Rockwell Collins Inc. との間で、防衛分野の事業機会追求を図るとの合意をまとめて、LAAD 2017 (Latin American Aerospace and Defence 2017) 展示会の席で発表した。まず、レーダー技術と Rockwell Collins 製 FireStorm の組み合わせから手をつける。(Embraer 2017/4/4)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • 2017 年 3 月にトルコ領内の Hatay でシリア空軍の MiG-23 が墜落、操縦していた Mehmet Sufhan 大佐が「領空侵犯」と「スパイ行為」の容疑で拘束されている、と Dogan News Agency が報じている由。ちなみに、同大佐は 56 歳。(Hurriyet Daily News 2017/4/6)
  • 2017/4/4 にシリアの Khan Sheikhoun で発生した政府軍の化学兵器使用疑惑を受けて、Donald Trump 米大統領は Bashar Assad シリア大統領に対する口撃を強化。また、軍事力行使の可能性が取り沙汰される中で、国防総省は介入に向けた準備を進めている由… といっていたら、シリア空軍基地に対して BGM-109 Tomahawk を撃ち込んだとの発表があった。攻撃を担当したのは USS Porter (DDG-78) と USS Ross (DDG-71) で、東地中海から合計 59 発を Homs の Shayrat Airfield に向けて撃ち込んだ。狙った対象は、航空機、掩体、燃料保管施設、物資保管施設、弾薬庫、防空システム、レーダー。1 発は発射前にトラブルを起こして代わりを発射、1 発は発射後に海中に突入。(DefenseNews 2017/4/6-7, DoD 2017/4/7)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |