今週の軍事関連ニュース (2017/04/13)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スウェーデン、ポーランド、フィンランド、ラトビア、リトアニアが、「サイバー攻撃」「プロパガンダ」「贋情報」といったハイブリッド攻撃がらみの脅威に対処するための研究施設を設置することで合意した。7 月にフィンランドに開設する。近い将来、NATO 加盟国や EU 加盟国からさらなる参加が見込まれるとしている。(NATO 2017/4/11, DefenseNews 2017/4/11)
  • Donald Trump 米大統領は、先に議会が承認したモンテネグロの NATO 加盟に関する批准を受けてサインオフを実施、29 番目の加盟国実現に向けた道がついた形。(DefenseNews 2017/4/11)
  • シンガポール空軍 (RSAF : Republic of Singapore Air Force) は、No.142 Sqn. 所属の F-15SG×6 機と人員 100 名あまりを Andersen AFB に派遣して、米空軍・18th WG (18th Wing) / 44th FS (44th Fighter Squadron) との間で 2017/4/11-5/17 にかけて共同訓練を実施する。44th FS は先に、タイの Korat AB で、シンガポールやタイの空軍と演習 "Cope Tiger" を実施した。(DefenseNews 2017/4/11)
  • 英海軍第一海軍卿の Sir Philip Jones 大将は、海兵隊の再編成について発表した。その一環として、第 3 コマンドー旅団を海外展開専任部隊、第 42 コマンドー聯隊を海洋作戦専任部隊 (Maritime Operations unit) と位置付ける。また、運転手や管理部門といったバックヤード業務 200 職種ほどについて、予備役や民間人による勤務を可能として、技能を備えた要員を有効活用する。(MoD UK 2017/4/11)

今日のニュースいろいろ
  • 2017/4/5-20 の予定でジブチにおいて、アメリカ、イギリス、フランスの合同演習 "Alligator Dagger 17" がスタートした。USS Bataan (LHD-5)、USS Carter Hall (LSD-50)、USS Ponce (AFSB(I)-15)、24th MEU (24th Marine Expeditionary Unit)、HMS Monmouth (F235)、フランスの第 5 海兵聯隊分遣隊が参加。(US Navy 2017/4/7)
  • アメリカがナイジェリアに対して、Embraer A-29/EMB-314 Super Tucano×12 機を 6 億ドルで輸出する方向。匿名の政府関係者が明らかにしたもので、Boko Haram の掃討作戦を支援するのが目的だとしている。(DefenseNews 2017/4/10)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • 米空軍が次世代射出座席の開発を企図して、FBO (Federal Business Opportunities) に公告を掲載。ドラフト版 RfP の発出は FY2017 の第四四半期、その後の FY2019 にメーカー 2 社を選定して発注することになる模様。量産の意志決定は FY2020 を見込む。(DID 2017/4/11)
  • HAL (Hindustan Aeronautics Ltd.) がインド空軍 (IAF : Indian Air Force) に、中古品の AL-31FP エンジンを搭載した Su-30MKI×18 機をデリバリーしたとの報道が出ている。(DID 2017/4/11)
  • フランスとドイツが 2017/4/10 に、合同 C-130J 部隊を編成することで合意した。フランスはすでに特殊作戦支援用として C-130J×2 機と KC-130J×2 機を発注しており、前者は 2017 年末から 2018 年初頭にかけて、後者は 2019 年のデリバリーを予定している。一方、ドイツは C-130J×6 機を 2019 年に発注して、2021 年に領収する計画。(Defense-Aerospace.com 2017/4/10)
  • ノルウェーの DSG Technology が、CAV-X なる水中弾の技術を開発した。NATO 諸国向けに 12.7mm・7.62mm・5.56mm の弾を提案。すでに、年初に少数を売却して試験に供したとの説明。(DefenseNews 2017/4/10)
  • 台湾海軍関係者の話として、沱江 Tuo Chiang 級ミサイル コルベットの改良型建造に関する話が報じられている。全長・全幅を拡大するとともに対空三次元レーダーを搭載して、天剣 II (Tien Chien II) 艦対空ミサイルを搭載するとの内容。(Taipei Times 2017/4/7)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/4/11)
NAVY
  • GDEB (General Dynamic Electric Boat, Groton, CT) : Nuclear Regional Maintenance Department (New England Submarine Base, New London, CT) 向けのサポート業務とオペレーション業務について、修正契約を $46,239,594 で。原子力関連の整備・補修を担当。2018/4 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-13-C-4311)
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-35 の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ロット 9 に関する修正契約を $9,533,512 で。日本向けのハードウェアとエンジニアリング サービス業務が対象。2018/10 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-14-C-0002)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : *GM-84 Harpoon ならびに SLAM-ER (Standoff Land Attack Missile - Expanded Response) を対象とする、エンジニアリング、訓練、支援機材、兵站支援、技術支援業務に関する修正契約を $8,354,991 で。発射管制システム (Encapsulated Harpoon Command and Launch System, Advanced Harpoon Weapon Control System, Harpoon Shipboard Command Launch Control System) も対象。ブラジル、チリ、イスラエル、韓国、日本、オーストラリア、カナダ、トルコ、イギリス、マレーシア、台湾、シンガポール、バーレーン、エジプト、クウェート、オマーン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates)、デンマーク、ドイツ、インド、オランダ、ポルトガル、ベルギー向け。2019/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-14-D-0014/P00010)
AIR FORCE
  • Vectrus Systems Corp. (Colorado Springs, CO) : Keesler AFB で実施するベース オペレーション業務を $97,269,360 で。2018/5/31 まで。Air Force Installation Contracting Agency/338th Specialized Contracting Squadron, JB (Joint Base) San Antonio-Randolph, TX (FA3002-17-C-0001)
DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency)
  • Raytheon Co., BBN Technologies (Cambridge, MA) : DCOMP (Dispersed Computing) に関する研究を $9,977,081 で。2021/4 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency), Arlington, VA (HR001117C0050)

今日の報道発表 (北米編)
  • 米海軍海洋システム軍団 (NAVSEA : Naval Sea Systems Command) は、沿岸戦闘艦 (LCS : Littoral Combat Ship) USS Montgomery (LCS-8) による MQ-8C Fire Scout の艦上運用試験について発表した。7 日間で 37 回の着艦試験を実施して、電磁的干渉による性能低下が起こらないことの確認や、ピッチ・ロール・風の限界値把握を図った。試験を終えて機体が基地に戻ったのは 2017/4/11 のこと。(US Navy 2017/4/11)
  • Rockwell Collins Inc. は米国防総省から、陸海空軍の試験場で使用する計測機材・CRIIS (Common Range Integrated Instrumentation System) のロット 2 量産分を 2,100 万ドルで受注したが (FA8678-10-C-0058/P00076)、これは既存の ARDS (Advanced Range Data System) や AARI (Air-to-Air Range Infrastructure) を代替するためのもの。テキサス州 Richardson とアイオワ州 Cedar Rapids の事業所で製作する。(Rockwell Collins 2017/4/11)
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc.) は、Predator B/MQ-9 Reaper ブロック 5 によるレーダー警報受信機 (RWR : Radar Warning Receiver) の実証試験を成功裏に実施した、と発表した。社有機の Predator B に Raytheon Co. 製 AN/ALR-69A RWR を搭載して Gray Butte Flight Operations Facility (Palmdale, CA) から飛ばし、さまざまな地上設置レーダーに対して試してみたもの。年末には Link 16 と組み合わせた実証試験を予定している。開発・試験は IRAD (Internal Research and Development) による自己負担。(GA-ASI 2017/4/10)
  • 米海軍のイージス巡洋艦 USS Lake Erie (CG-70) が 2017/4/5 に、カリフォルニア州南部沖合で実施していた BMD 資格認定試験を終了した。同艦は USS Nimitz (CVN-68) を基幹とする空母打撃群 (CSG : Carrier Strike Group) とともに COMPTUEX (Composite Training Unit Exercise) を実施中。(US Navy 2017/4/10)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) の Technical Solutions 部門参加にある AMSEC LLC が米海軍から、艦艇向けのエンジニアリング サービス業務、兵站支援、整備、導入/更新支援業務契約を 3,900 万ドルで受注した。米海軍海洋システム軍団 (NAVSEA : Naval Sea Systems Command) 麾下・NSWC (Naval Surface Warfare Center) Philadelphia Division 以下、Cargo and Weapons Handling Division が対象で、アメリカ本土に加えてカナダとエジプトで業務を実施する。2022/4 まで。(HII 2017/4/11)
  • ノルウェーの Norsk Titanium AS が Boeing Co. から、3D プリンタで製作するチタン製機体構造材の納入契約を獲得した。(Norsk Titanium 2017/4/10)
  • General Dynamics が米国土安全保障省 (DHS : Department of Homeland Security) 麾下の CBP (Customs and Border Protection) 向けに手掛けた RVSS (Remote Video Surveillance System) が、完全運用能力 (FOC : Full Operational Capability) を達成した。2 年前から配備してフィールド試験を実施していたもの。現在の配備場所はアリゾナ州の Nogales、Douglas、Naco、Yuma、Ajo で、2017 年中にテキサス州 McAllen と LaredoTexas への配置替えを予定。昇降式のタワーと構造物に、電子光学センサーと赤外線センサーを装備して国境警備に使用する。(General Dynamics 2017/4/11)

今日の報道発表 (その他編)
  • Thales はデンマーク軍の兵站部門・DALO (Defence and Logistic Organization) との間で、車載通信システム SOTAS の納入に関する枠組み契約を締結した。契約期間は 7 年間、2018 年からデリバリーを開始して装輪車両と装軌車両の両方に導入する計画。(Thales 2017/4/11)
  • Thales は仏空軍の整備部門・SIMMAD (Structure Integree du Maintien en condition operationnelle des Materiels Aeronautiques du ministere de la Defense) から、航空分野で使用する消耗品の供給契約を受注した。計画名称は LORCA、2017 年 9 月から 10 年間・9 億 7,700 万ユーロの案件で、うち 2017 年分は 7,000 万ユーロ。対象製品は 20 万アイテム、SIMMAD と、MRO (Maintenance, Repair and Overhaul) 担当部門・SIAe (Service Industriel de l'Aeronautique) の 47 拠点が納入先。(Thales 2017/4/10)
  • Saab AB はスウェーデン軍国防資材局 (FMV : Forsvarets Materielverk) から、SIGINT (Signal Intelligence) 用の特殊任務船を 7 億 3,000 万クローネで受注した。契約期間は 2017-2020 年。(Saab 2017/4/10)
  • Saab AB は NETMA (NATO Eurofighter and Tornado Management Agency) から、ドイツ空軍 (Luftwaffe) の Tornado IDS に装備する BOZ-101 EC 電子戦ポッド×29 基を受注した。2017-2020 年にかけてデリバリーする予定。(Saab 2017/4/11, IHS Jane's 360 2017/4/11)
  • フィンランド国防省は、Squadron 2020 で使用する戦闘システムについて、候補メーカー 3 社を選定した。内訳は Atlas Elektronik GmbH、Lockheed Martin Canada Inc.、Saab AB。2016 年に 12 社に対して提案を要請、インテグレーションに関する経験や技術力・プログラム管理能力・商取引や法律面の要求などに照らして選定を実施したもの。(Finnish MoD 2017/4/10)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) の 820NAS (820 Naval Air Squadron, RNAS Culdrose) が、Merlin HM.2×3 機を RAF Lossiemouth に展開させて、Scotland の北方・西方で実施していた演習 "March Hare" を完了した。HMS Queen Elizabeth への乗艦を控えて、救難 (SAR : Search and Rescue) や対潜戦 (ASW : Anti Submarine Warfare) の訓練を実施したもの。(Royal Navy 2017/4/10)
  • Safran Helicopter Engines は、Arrius 2B2 エンジンの 1,000 号機を Airbus Helicopters にデリバリーした、と発表した。搭載機は H135。(Safran Helicopter Engines 2017/4/11)
  • ニュージーランド海軍 (RNZN : Royal New Zealand Navy) に配備する新型 24,000t 級補給艦の艦名が、HMNZS Aotearoa に決定。建造所は韓国の現代重工 (HHI : Hyundai Heavy Industries)、2020 年 1 月のデリバリーを予定しており、母港は New Plymouth (Taranaki, North Island) になる。現用補給艦の HMNZS Endeavour と比べると排水量は 2 倍で、燃料搭載量は三割増。(New Zealand Defence Forces 2017/4/10, IHS Jane's 360 2017/4/10)
  • Triumph Group Inc. (Berwyn, PA) の Precision Components 部門が BAE Systems から、インド向け M777 榴弾砲で使用する砲身の製作を 1,500 万ドルで受注した。完成した砲身を納入して、榴弾砲の形に組み立てる。契約期間は二年半。(Triumph Group 2017/4/10)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/4/10)
NAVY
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-35 の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ロット 10 について、先行調達の修正契約を $372,918,148 で。日本での作業 5% を含む。2020/3 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-15-C-0003/P00019)
  • CB&I Federal Services LLC (Alexandria, VA) : Puget Sound Manchester Fuel Department (Manchester, WA) の燃料タンク×5 基 (#17, #26, #33, #149. #181) を対象とする、清掃・検査・補修を $7,995,410 で。2018/9 まで。Naval Facilities Engineering and Expeditionary Warfare Center, Port Hueneme, CA (N39430-15-D-1632/#0007)
AIR FORCE
  • Engility Corp. (Andover, MA) : Optical Radiation Bioeffects and Safety Program に関する増額修正契約を $8,500,000 で。紫外線・可視光線・赤外線デバイスに対する影響について、調査研究や安全のための助言などを行う案件。JB (Joint Base) San Antonio-Fort Sam Houston で実施、2020/4/23 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Wright-Patterson AFB, OH (FA8650-14-D-6519/P00005)
ARMY
  • 以下の各社は、プログラム/システム サポート業務を総額 $495,737,308 で。
    • Alion Science and Technology Corp. (Burr Ridge, IL) : W15QKN-17-D-0030
    • Booz Allen Hamilton Inc. (McLean, VA) : W15QKN-17-D-0031
    • Deloitte Consulting LLP (Arlington, VA) : W15QKN-17-D-0032
    • Engility Corp. (Chantilly, VA) : W15QKN-17-D-0033
    • Leidos Innovations Corp. (Gaithersburg, MD) : W15QKN-17-D-0034
    • The MIL Corp. (Bowie, MD) : W15QKN-17-D-0035
    • SDI (Sabre-DCS-I3 JV, Warrington, PA) : W15QKN-17-D-0036
    • URS Federal Services Inc. (Germantown, MD) : W15QKN-17-D-0037
    プロジェクト管理、プログラム管理、ポートフォリオ管理、業務見積もり、経費見積もり、財務管理、兵站支援、システム工学、業務改善/分析、モデリング/シミュレーション管理、試験/評価、IT、施設・教育・訓練、テクニカル エディタ・ライティング・イラスト作成、物理セキュリティを担当。2022/4/15 まで。Army Contracting Command, Picatinny Arsenal, NJ

今日の報道発表
  • Lockheed Martin Corp. の Skunk Works、米空軍 AFRL (Air Force Research Laboratory)、米空軍 TPS (Air Force Test Pilot School)、Calspan Corp. が共同で、MUM-T (Manned/Unmanned Teaming) に関する実証試験 "Have Raider" を、Edward AFB で 2 週間かけて実施した。F-16 で UCAV (Unmanned Combat Air Vehicle) を模擬して、空対地攻撃任務における戦闘環境の変化に自律的に対応するという内容。(Lockheed Martin 2017/4/10)
  • Orbital ATK Inc. は米陸軍から、小火器用弾薬を 9,200 万ドルで受注した。5.56mm 径と 7.62mm 径で、Lake City Army Ammunition Plant (Lake City, Independence, MO) 向け。(Orbital ATK 2017/4/10)
  • USS America (LHA-6) が 2017/4/6 に、RIM-116 RAM (Rolling Airframe Missile) の実射試験を実施した。PHIBRON (Amphibious Squadron) と MEU (Marine Expeditionary Unit) の統合訓練 (PMINT : PHIBRON MEU Integration) に関する訓練の一環。(US Navy 2017/4/7)
  • 2017/4/10 に、Naples にある Fincantieri Sp.A の Castellammare di Stabia 造船所で、イタリア海軍向け新型補給艦 ITS Vulcano (LSS : Logistic Support Ship) で使用する艦首セクションの進水式が行われた。ゴッドマザーを務めたのは、1977 年に航空機事故で死亡したイタリア軍士官・Monte Serra 氏の未亡人、Maria Teresa Piras 氏。セクションは全長 94m、全幅 24m、全高 16.3m、重量 4,100t。これを La Spezia の Muggiano 造船所に運んで後部セクションと組み合わせる。完成すると全長 165m、最高速度 20kt、乗組員 200 名、補給ステーション 5 ヶ所 (うち 1 ヶ所が艦尾側) の艦になる。(Fincantieri 2017/4/10)
  • オーストラリア陸軍 (RAN : Royal Australian Army) 向けの短射程防空システム (Short-Range Ground Based Air and Missile Defence) ソリューションとして、NASAMS (National Advanced Surface-to-Air Missile System) を採用する話が決まった。計画名称は Project Land 19 フェーズ 7B、総額 20 億豪ドル (15 億ドル) の案件で、Raytheon Australia がシステム インテグレーションと納入を担当する。(Australian DoD 2017/4/10, Kongsbrg Gruppen 2017/4/10)
  • フィンランドの Jussi Niinisto 国防相は、兵站コマンド (Logistics Command) による RMC (Rauma Marine Constructions) の設計契約発注を承認した。これは Squadron 2020 計画の一環となる艦艇建造計画で、750 万ユーロで発注する予定。(Finnish MoD 2017/4/7)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |