今週の軍事関連ニュース (2017/07/10)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 弾道ミサイルの試射を実施した北朝鮮に対して、国連安保理が「明確な対応措置」を求める非難決議をまとめようとしたところ、ロシアの反対で話がまとまらずに難航している。北朝鮮が撃ったのは ICBM (Intercontinental Ballistic Missile) ではない、というのがロシアの言い分で、そこでアメリカと食い違いが出ている。一方、当の北朝鮮は国営メディアを通じて「韓国の一掃なんぞ、お茶の子さいさい (piece of cake) である」と煽っている。(SpaceWar 2017/7/6)
  • 中国人民解放軍海軍 (PLAN : People's Liberation Army Navy) の空母・遼寧 Liaoning が、2017/7/7 に香港に入港した。(SpaceWar 2017/7/7)
  • NATO は、防空/ミサイル防衛システム (NATINAMDS : NATO's Integrated Air and Missile Defence System) にブルガリア空軍の MiG-29 を加えた、と発表した。Sofia からクルマで 2.5 時間ほどのところにある、第 3 航空基地 (Graf Ignatievo) をベースとする機体。NATO の防空システムは、Allied Air Command (Ramstein, Germany) の指揮下にある 2 ヶ所の CAOC (Combined Air Operations Centre)、すなわちドイツの Uedem とスペインの Torrejon から指揮している。なお、ブルガリアでは 7-10 月にかけて、イタリア空軍 (AMI : Aeronautica Militare Italiana) の Eurofighter が上空哨戒任務を実施することになり、機体は 7/7 に現地入りした。(NATO 2017/7/5, NATO 2017/7/7)

今日のニュースいろいろ
  • 中国がインドに対して 2017/7/5 に「インド軍の撤収が和平実現の前提条件」と主張。ヒマラヤで両国軍が睨み合い、インド側が中国の道路建設・利用を非難したのに対する中国側の反撃。(SpaceWar 2017/7/5)
  • 英国防省は、ウクライナ軍を対象として実施してきた訓練について、「当初目標の 1,000 名に対して、これまでに 5,000 名の訓練を実施した」と発表した。訪英したウクライナの Stepan Poltorak 国防相と会談した後で、Michael Fallon 英国防相が明らかにしたもの。"Operation Orbital" として 2015 年から訓練任務を実施しており、地雷や IED (Improvised Explosive Device) の探知、医療、兵站といった分野が対象。(MoD UK 2017/7/5)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • ローター ブレードの整備点検中にクラックが見つかったため、三週間半に渡って飛行停止になっていたイスラエル空軍の AH-64 攻撃ヘリが、2017/7/5 からフライトを再開した。(Jerusalem Post 2017/7/5)
  • ヨルダンがケニアに、中古 AH-1F 攻撃ヘリを供与した。数量は不明。ケニアはアメリカから UH-1×8 機を受領する予定で、6 機がデリバリー済み。さらに武装型 MD530F×12 機の輸出もリクエストしている。(DID 2017/7/7)
  • TAI (TUSAS Turkish Aerospace Industries) と PTDI (PT Dirgantara Indonesia) が、航空機の開発・製作・販売に関する戦略的協業合意に調印した。(DefenseNews 2017/7/6)
  • TASS が「Uralvagonzavod がエジプトに工場を開設して、T-90S/SK 戦車の現地生産を実施する」と報じている。このほか、クウェートでは T-90MS/MSK 向け、アルジェリアでは T-90S/SK 向けの現地整備拠点を開設する計画もあるとしている。(TASS 2017/7/5)
  • 韓国海軍が、2016 年 12 月に受領していた AW159 Lynx Wildcat×4 機を実戦配備した。2016 年 6 月に受領した 4 機は 2 月に実戦配備済みで、これで 8 機が出揃った。(聯合ニュース 2017/7/5)
  • エストニアが、7,500 万ユーロを投じて 5.56mm と 7.62mm の小火器を調達する計画を発表した。陸軍の第 1 旅団・第 2 旅団に加えて、警察、国境警備隊、司法部門にも配備する。2018-2021 年にかけて 11,000 挺、さらに 2024 年までに追加で 18,000 挺。(IHS Jane's 360 2017/7/5, Estonia Information 2017/7/5)
  • イタリア国防省が、2021 年に退役する計画になっている Aspide / Spada ミサイルの後継として、MBDA 製 CAMM (Common Anti-air Modular Missile) の開発・調達に資金を出す件を承認した。イタリアが調達に関心を示しているのは、射程延伸型 (Extended Range)。(Defense-Aerospace.com 2017/7/5)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/7/7)
NAVY
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-35 の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ロット 11 の先行調達について、修正契約を $5,577,714,486 で。米空軍向け $3,428,766,751 (61%)、米海軍向け $1,444,492,090 (26%)、米海兵隊向け $704,455,645 (13%)。2020/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-16-C-0033)
  • Sodexo Management Inc. (Gaithersburg, MD) : U.S. Marine Corps Regional Garrison Food Services Program に関わる給養業務について、増額修正契約を $20,290,305 で。累計受注額は $686,688,135。作業場所は以下の通り。
    • Camp Lejeune, NC (47.51%)
    • Parris Island, SC (35.51%)
    • Quantico, VA (6.53%)
    • Cherry Point, NC (5.98%)
    • Beaufort, SC (2.41%)
    • Washington DC (1.09%)
    • Norfolk, VA (0.77%)
    • Bogue, NC (0.20%)
    FY2017 分。Marine Corps Installation Command, Arlington, VA (M00027-11-C-0001/P00078)
AIR FORCE
  • Boeing Co. (Oklahoma City, OK) : E-3 Sentry AWACS (Airborne Warning And Control System) を対象とする維持工学/技術支援業務を $92,900,000 で。航空自衛隊、NATO、サウジアラビア空軍 (RSAF : Royal Saudi Air Force)、イギリス、フランス向け FMS (Foreign Military Sales)。2022/7/9 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Tinker AFB, OK (FA8102-17-D-0003/FA8102-17-F-0033)
  • Raytheon Co. (Aberdeen Proving Ground, MD) : IFF (Identification Friend or Foe) トランスポンダーと付属機材を $78,000,000 で。2020/1/6 まで。Aerospace Management Systems Division Contracting Office, Hanscom AFB, MA (FA8730-17-D-0006)
  • Raytheon Co. (El Segundo, CA) : B-2A 用レーダーのコンポーネントを対象とするエンジニアリング サービス業務を $49,997,167 で。2020/7/5 まで。Air Force Sustainment Center, Tinker AFB, OK (FA8119-17-D-0015)
  • Northrop Grumman Systems Corp.s Aerospace Systems (Redondo Beach, CA) : EHF (Extremely High Frequency) MILSATCOM (Military Satellite Communications) システムで使用するパーツと資材を $9,800,000 で。2019/7/6 まで。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center) / PKJ, Los Angeles AFB, El Segundo, CA (FA8808-17-C-0001)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Leading Technology Composites (Wichita, KS) : 強化型側面抗弾インサートを $47,107,200 で。陸海空軍・海兵隊・沿岸警備隊向け、2019/3/4 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-17-C-0014)
  • Wolverine World Wide (Rockford, MI) : 寒冷湿潤地向けブーツを $33,922,260 で。陸海空軍・海兵隊・沿岸警備隊向け、2022/7/7 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE1C1-17-D-1068)
  • Boeing Co. (Mesa, AZ) : ヘリコプター用のラダー ブレードを $28,549,900 で。陸軍向け、2020/6/15 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Redstone Arsenal, AL (SPE4A1-14-G-0007/ZB45)
  • Lockheed Martin Corp. (Owego, NY) : MH-60 シリーズ用のスペアパーツを $19,700,000 で。海軍向け、2019/7/31 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Philadelphia, PA (SPRPA1-15-G-002Y/#5028)
ARMY
  • 以下の各社は、ウィスコンシン州の州兵ならびに州兵航空隊 (ANG : Air National Guard) 向け各種建設工事を、総額 $20,000,000 で。
    • J&B Builders Inc. (Saint Charles, IL) : W912J2-17-D-4001
    • Charpie Construction Co. (Brookfield, IL) : W912J2-17-D-4002
    • Norcon Corp. (Schofield, WI) : W912J2-17-D-4003
    • Belonger Corp. Inc. (West Bend, WI) : W912J2-17-D-4004
    • KPH Construction Corp. (Milwaukee, WI) : W912J2-17-D-4005
    • Platt Construction Inc. (Franklin, WI) : W912J2-17-D-4006
    • Opcon Inc. (Carol Stream, IL) : W912J2-17-D-4007
    • Nuvo Construction Co. Inc. (Milwaukee, WI) : W912J2-17-D-4008
    • Pontiac Drywall Systems Inc. (Pontiac, MI) : W912J2-17-D-4009
    2022/7/6 まで。NGB (National Guard Bureau), Camp Douglas, WI
  • Raytheon/Lockheed Martin Javelin JV (Tucson, AZ) : FGM-148 Javelin のコンテナ入り実弾 (AUR : All-Up Round)、CLU (Command Launch Unit)、車載式発射器の電子機器、陳腐化対処のための非再帰エンジニアリング業務について、修正契約を $56,757,428 で。2020/9/30 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W31P4Q-13-C-0129/P00074)

今日の報道発表 (北米編)
  • "Red Flag 17-6" 演習に参加するため、33rd FW (33rd Fighter Wing, Eglin AFB, FL) 所属の F-35A×7 機と人員 120 名が 2017/7/6 に Nellis AFB に到着した。(USAF 2017/7/6)
  • MDA (MacDonald, Dettwiler and Associates Ltd.) は、傘下の SS/L (Space Systems Loral) が DigitalGlobe Inc. 向けの次世代高解像度リモートセンシング衛星・WorldView Legion の製作を担当することになった、と発表した。LEO (Low Earth Orbit) 衛星で、これを加えることで重要地域の観測能力が倍増するとしている。(MDA 2017/7/6)

今日の報道発表 (その他編)
  • オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) 向け EA-18G の最終到着分が RAAFB Amberley に到着、Marise Payne 豪国防相と空軍司令官の Steven Roberton 大将が出迎えた。これで総勢 12 機が出揃った。(Australian DoD 2017/7/7)
  • ポーランドの Antoni Macierewicz 国防相が、アメリカが MIM-104 Patriot 地対空ミサイルのポーランド向け輸出に同意したことを明らかにした。防空システム調達計画 Wisla 向け。(Polish MoD 2017/7/6, DefenseNews 2017/7/6)
  • ポーランドの PGZ (Polska Grupa Zbrojeniowa) が、自国の多連装ロケット調達計画・Homar で使用する発射器のベースとして、Lockheed Martin Corp. の M142 HIMARS (High Mobility Artillery Rocket System) の採用を決定した。(Lockheed Martin 2017/7/7, PGZ 2017/7/5)
  • 2017/7/4 に、フランス空軍 (Armee de l'air) の MQ-9 Reaper がフランス国内・Cognac で初めてのフライトを実施した。飛行時間は 5 時間 10 分。運用担当部隊は ER 1/33 "Belfort's"。今回のフライトの目的は、機体や地上管制ステーション (GCS : Ground Control Station) の運用試験、衛星通信リンクの検証、LRE (Launch and Recovery Element) の操作対象に MQ-9 を加える件の検証だとしている。(French Air Force 2017/7/6, LeMammouth blog 2017/7/4)
  • ブラジル向けの通信衛星 SGDC (Satelite Geoestacionario de Defesa e Comunicacoes Estrategicas) が、2017/7/5 から稼動を開始した。2017/5/4 に仏領ギアナの Kourou から打ち上げられたもので、管制はブラジル空軍 (FAB : Forca Aerea Brasileira) が担当する。(Brazilian Government News 2017/7/5)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/7/6)
ARMY
  • Harris Corp. (Lynchburg, VA) : LMR (Land Mobile Radio) システム インフラのアップグレードと、最新技術を用いた製品への更新を $461,246,563 で。2022/7/6 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal Rock Island Arsenal, AL (W52P1J-17-D-0037)
  • Motorola Solutions Inc. (Linthicum Heights, MD) : LMR (Land Mobile Radio) システム インフラのアップグレードと、最新技術を用いた製品への更新を $461,246,563 で。2022/7/6 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal Rock Island Arsenal, AL (W52P1J-17-D-0038)
  • Orbital Alliant Techsystems Operations LLC (Plymouth, MN) : M1156 PGK (Precision Guidance Kit) に関する修正契約を $53,591,925 で。2020/4/27 まで。Army Contracting Command, Picatinny Arsenal, NJ (W15QKN-13-C-0074/P00045)
  • Project Management Services Inc. (Alexandria, VA) : 米陸軍工兵隊 (USACE : US Army Corps of Engineers) 向けのコスト工学サービス業務を $45,000,000 で。2022/7/5 まで。Army Corps of Engineers, Walla Walla, WA (W912EF-17-D-0013)
  • Great Lakes Dredge and Dock Co., LLC (Oak Brook, IL) : メリーランド州 Ocean City の海岸で実施する養生工事を $12,733,300 で。2018/5/16 まで。Army Corps of Engineers, Baltimore, MD (W912DR-17-C-0025)
  • SGS LLC (Oklahoma City, OK) : Altus AFB で KC-46A 用のシミュレータ訓練施設を建設する工事について、フェーズ 2 分を $10,428,748 で。2019/3/21 まで。Army Corps of Engineers, Tulsa, OK (W912BV-17-C-0010)
DFAS (Defense Finance and Accounting Service)
  • Kearney and Co., LLC (Alexandria, VA) : Defense Health Program 向けの財務監査業務を $46,587,841 で。基本契約 18 ヶ月、2018/12/31 まで。さらに 1 年単位のオプション契約 3 件を設定。DFAS (Defense Finance and Accounting Service), Contract Services Directorate, Columbus, OH (HQ0423-17-F-0096)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Optex Systems Inc. (Dallas, TX) : 暗視装置用のスペアパーツを $12,447,044 で。陸軍向け、2022/7/5 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Aberdeen Proving Ground, MD (SPRBL1-17-D-0008)
NAVY
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat Corp., Groton, CT) : VPM (Virginia Payload Module) に関する FY2017 分の資材調達を $9,285,000 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。2018/4 まで。Supervisor of Shipbuilding Conversion and Repair, Groton, CT (N00024-16-C-2111)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は米陸軍から、LRPF (Long Range Precision Fires) のフェーズ 2 契約を 7,380 万ドルで受注した。TACMS (Tactical Missile System) の後継品で、目標射程 499km。フェーズ 2 では 36 ヶ月をかけて、技術面の熟成とリスク低減を図る (フェーズ 1 は 2017 年 5 月に完了)。発射器は MLRS (Multiple Launch Rocket System) 用の M270A1 と M142 HIMARS (High Mobility Artillery Rocket System) を使用する。(Lockheed Martin 2017/7/6)

今日の報道発表 (その他編)
  • KMW (Krauss Maffei Wegmann GmbH & Co. KG) が参画する ARTEC GmbH は、ドイツ連邦軍 (Bundeswehr) の Boxer 装甲車を対象とするアップグレード改修の契約を、9,400 万ユーロで受注した。対象となる 246 両のうち、同社が担当するのは 208 両。衛星通信システムの装備、指揮統制機材の改良、RCWS (Remote Controlled Weapon Station) 用オペレーター ステーションの追加、実戦経験を反映した収納スペースの改良などを実施する。BAAINBw (Bundesamt fur Ausrustung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr) の代理として、OCCAR (Organisation Conjointe de Cooperation en matiere d'ARmement) から受注。(KMW 2017/7/6)
  • RMMV (Rheinmetall MAN Military Vehicles) はドイツ連邦軍 (Bundeswehr) との間で、新型軍用トラック HX2 ファミリー×2,271 両を総額 9 億ユーロ (付加価値税込。税抜では 7 億 6,000 万ユーロ) で受注した。発注元は BAAINBw (Bundesamt fur Ausrustung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr)、MAN 製 KAT I トラックの代替用。このうち第一陣は 2 億 4,000 万ユーロ (税抜 2 億ユーロ)・558 両、2018-2021 年にかけてデリバリーの予定。計画名称は UTF (Unprotected Transport Vehicle)。(Rheinmetall Defence 2017/7/6)
  • Piaggio Aerospace は、Birgi Military Airport (Trapani, Italy) で P.1HH HammerHead UAV の飛行試験を再開した、と発表した。2016 年にプロトタイプ 1 号機が墜落事故を起こして以来、飛行試験は中断していたが、地上試験を経て飛行試験再開にこぎ着けたもの。今回の試験再開ではプロトタイプ 2 号機を使用している。(Piaggio Aerospace 2017/7/6)
  • Christopher Pyne 豪国防産業相は、自律システム (Trusted Autonomous Systems) の開発を目的として、Defence CRC (Cooperative Research Centre) なる研究拠点を開発する、と発表した。学術界と共同で研究に取り組むための拠点で、年間 800 万豪ドル、7 年間で最大 5,000 万豪ドルの費用をかけるとしている。これは第一陣で、さらに別のプロジェクトを担当する CRC を開設する構想もある。(Australian DoD 2017/7/6)
  • Denel がアフリカ某国 (アンゴラ ?) に Casspir 装甲車×21 両を追加デリバリー。Casspir NG2000×45 両を受注しており、その一部。2016/12 に第一陣の 24 両をデリバリー済みなので、今回の分で完納となる。Denel では、この Casspir の用途について「主として AU (African Union) の平和維持任務」だとしている。(Denel 2017/7/5, IHS Jane's 360 2017/7/6)
  • IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) がインドの Kalyani Group 傘下・KSSL (Kalyani Strategic Systems Ltd.) との間で、ジョイント ベンチャーを通じた協力関係を拡大するとの MoU に調印した。新しい MoU では、Hyderabad (Telenganam India) に防空システムの整備拠点を新設することになっている。(IAI 2017/7/5)

今日の米軍調達 (Contracts 2017/7/5)
NAVY
  • Lockheed Martin Aeronautics Co., Fort Worth, Texas : F-35 の検証シミュレーション (vSim : verification Simulation) とソフトウェア モデルの開発・インテグレーション・サポート業務について、修正契約を $50,800,000 で。米空軍向け $25,400,000 (50%)、米海軍向け $12,700,000 (25%)、米海兵隊向け $12,700,000 (25%)。作業場所は以下の通り。
    • Fort Worth, TX (82%)
    • NAS (Naval Air Station) Patuxent River, MD (15%)
    • Edwards AFB, CA (3%)
    2018/4 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-02-C-3002/P00611)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc., Newport News, VA) : USS George Washington (CVN-73) を対象とする RCOH (Refueling Complex Overhaul) の先行計画立案作業について、修正契約を $9,900,000 で。資材追加に伴うもの。2017/8 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-14-C-2111)
  • AGVIQ LLC (Anchorage, AK) : NAVFAC Atlantic の AOR (Area of Responsibility) にある海軍・海兵隊施設で実施する環境復元作業について、増額修正契約を $9,000,000 で。累計受注額は $121,500,000。州別の配分は CT (30%)、米領プエルトリコ (30%)、FL (15%)、MD (15%)、WA (10%)。2019/6 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Atlantic, Norfolk, VA (N62470-12-D-7004)
ARMY
  • DRS Advanced ISR LLC (Beavercreek, OH) : AN/URC-145A(V) JTT-IBS (Joint Tactical Terminal - Integrated Broadcast Service) を対象とする、陳腐化対処のための ECP (Engineering Change Proposals) 適用、スペアパーツ、レトロフィット改修キット、試験プログラム キット、試験プログラム セットの調達、その他のエンジニアリング/兵站支援関連業務を $15,730,000 で。2022/6/30 まで。Army Contracting Command, Aberdeen Proving Ground, MD (W56KGY-17-D-0017)
  • Boeing Co. (Ridley Park, PA) : CH-47F Chinook の陳腐化パーツ変更作業について、修正契約を $14,297,933 で。オランダ向け・トルコ向け FMS (Foreign Military Sales)、2020/12/31 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-13-C-0002/P00065)
  • BAE Systems Land and Armaments LP (Sterling Heights, MI) : コスト超過分に関する修正契約を $8,000,000 で。2017/9/14 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-12-C-0358/P00033)

今日の報道発表
  • CH-53K King Stallion が 2017/6/30 に、West Palm Beach (FL) から NAS (Naval Air Station) Patuxent River (MD) へのクロスカントリー フライトを実施した。これは、試験の場所を移すために実施したもの。2017-2018 年にかけて複数回、同様のフライトを予定しており、今回が初めて。NAS Patuxent River では、飛行特性に関する試験に加えて、地上試験やアビオニクス試験を実施する予定になっている。CH-53K は、これまでに 4 機の EDM (Engineering Development Model) で 450 時間あまりの飛行試験を消化済み。(Lockheed Martin 2017/7/5, US Navy 2017/7/5)
  • Marise Payne 豪国防相と Christopher Pyne 豪国防産業相は、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) の E-7A Wedgetail AEW&C (Airborne Early Warning and Control) 機を対象とする能力向上改修について発表した。5 億 8,200 万豪ドルを投じて Boeing Defence Australia が作業を実施、戦闘識別用センサー、戦術データリンク、通信機器、暗号化機器を改良する。2022 年半ばに完了の予定。オーストラリア企業には 2 億〜2 億 4,000 万豪ドルが落ちる見込みで、165 名の雇用につながるとしている。(Australian DoD 2017/7/5)
  • Christopher Pyne 豪国防産業相は、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) の F-35A 運用拠点・RAAFB Williamtown に OBISC (Off Board Information Systems Centre) を開設した、と発表した。同地で 7 億 7,000 万豪ドルを投じて進めている施設整備の一環で、OBISC の所要経費は 1,600 万豪ドル。この施設以外では、滑走路の延伸、電力・下水道・消防・治水施設の改善、本部庁舎や訓練施設・整備施設の建設を実施している。(Australian DoD 2017/7/5)
  • オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) の No.79 Sqn. (RAAFB Pearce) が、アップグレード改修型 Hawk 練習機の運用を開始した。地上の合成訓練装置×2 基も、CAE Inc. 製の新型 FMS (Full Mission Simulator)×3 基に置き換えた。これにより、LIFCAP (Lead-In Fighter Capability Assurance Program) の初度運用能力 (IOC : Initial Operational Capability) を達成。担当メーカーは、BAE Systems、CAE Inc.、CDA (Cubic Defense Applications Inc.)。(BAE Systems 2017/7/5)
  • KMW (Krauss Maffei Wegmann GmbH & Co. KG) はオランダ軍の装備部門・DMO (Defence Materiel Organisation) から、偵察型 Fennek 装甲車×30 両の火力支援チーム (JFST : Joint Fire Support Team) 仕様への改修を 8,800 万ユーロで受注した。DMO が BAAINBw (Bundesamt fur Ausrustung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr) の代理として、ドイツ陸軍向けの車両を発注したもの。FAO (Forward Artillery Observer) / FAC (Forward Air Controller) 向け最新仕様を適用するとともに、陳腐化したコンポーネントやアセンブリの交換を実施する。作業は 2018-2022 年にかけて実施する計画。(KMW 2017/7/4)
  • Embraer (Empresa Brasileira de Aeronautica S.A.) は、UKMFTS (UK Military Flying Training System) 向け Phenom 100 の初号機を Affinity Flight Training Services にデリバリーした。5 機の発注が決まっているほか、さらに追加するオプション契約も設定している。(Embraer 2017/7/4)
  • 露海軍向けコルベット・RFS Sovershenny が、太平洋艦隊エリアで実施していた公試を完了した。戦闘システムの試験に加えて、Ka-27 ヘリの着艦試験も実施。領収完了後は太平洋艦隊に配備される。(Russian MoD 2017/7/4)
  • Rostec 傘下の Techmash が、Zagon-2E なる対潜爆弾を開発、2017/6/28-7/2 にかけて St. Petersburg で開催した International Maritime Defense Show に出展した。前モデルの Zagon-1 と比べて有効性は 3 倍だとしている。(Roetec 2017/6/29)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • ドイツ軍が、トルコの Incirlik AB に展開して対 ISIL (Islamic State of Iraq and the Levant) 航空作戦に従事していた部隊の撤収を開始した。(Deutsche Welle German Radio 2017/7/7)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |