今週の軍事関連ニュース (2018/01/08)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • アメリカは、イランの SBIG (Shahid Bakeri Industrial Group) 傘下にある企業 5 社を対象として、弾道ミサイル開発に関与したとの理由で制裁措置を導入した。Steven Mnuchin 米財務長官は「イランは、禁止されている武器よりも福祉におカネを使うべき」とコメント。(SpaceWar 2018/1/4)
  • SpaceX (Space Exploration Technologies Corp.) が 2018/1/7 に、国防総省向けのひみつ衛星 "Zuma" を打ち上げる。2017/11 に KSC (Kennedy Space Center, Merritt Island, FL) からの打ち上げを予定していたが、ノーズコーンに懸念があったことから延期になっていた件の仕切り直し。2018/1/4 の打ち上げを予定していたが、またも二度の延期で 7 日にずれ込んだ。(SpaceWar 2018/1/4)

今日のニュースいろいろ
  • 「平昌での五輪開催中は米韓合同演習を実施しない」との話が出ているが、これについて James Mattis 米国防長官は「兵站上の理由によるもので、政治的な理由ではない」と発言。(DefenseNews 2018/1/4)
  • カナダ空軍 (RCAF : Royal Canadian Air Force) の ATF (Air Task Force) が、ルーマニアで実施していた 4 ヶ月間のデプロイメントを 2017/12/31 で終了した。"Operation Reassurance" と NATO の eAP (enhanced Air Policing) ブロック 45 による上空警戒任務を実施していたもの。派遣した CF-18×4 機は、ルーマニア空軍の MiG-21 や F-16、ポルトガル空軍 (FAP : Forca Aerea Portuguesa) の F-16、米陸軍の UH-60、NATO の E-3 との合同訓練も実施した。(Canadian DND 2017/12/28)

今日のニュースいろいろ
  • ラトビア国防省は、2017 年にロシア軍が実施した大規模演習 "Zapad 2017" について「攻撃的な軍事作戦を実施する能力をテストするのが目的」「防衛に加えて反撃の要素も含んでいた」「NATO とロシアの間の信頼醸成や透明性の改善にはつながらない」「同名の訓練を二度に渡って実施することで、実際に参加した兵力の数字を隠蔽しようとした」「訓練の規模に関する公式の報告は、ウィーン文書通知システムを通じて提出されたものではなかった」などとする評価報告をまとめた。ただし、ベラルーシ政府の情報公開については評価している。(Latvian MoD 2017/12/28)
  • ノルウェーは 2018/1/3 に、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) 向けの武器・弾薬輸出を停止すると発表した。UAE も戦闘に加わっている、イエメンでの戦闘を理由に挙げており、Ine Eriksen Soreide 外相は「ノルウェー製の武器が使われたとの確証はないが、懸念はしている」と説明。(DefenseNews 2018/1/3)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • Triumph Group Inc. の Integrated Systems 部門は SNC (Sierra Nevada Corp.) から、Dream Chaser で使用する降着装置とアクチュエータを受注した。Dream Chaser は NASA (National Aeronautics and Space Administration) の CRS2 (Commercial Resupply Services 2) 計画で使用する、国際宇宙ステーション (ISS : International Space Station) 向けの再補給機。(SpaceDaily 2018/1/4)
  • ウクライナ軍は、サウジアラビアからの資金援助を受けて配備計画を進めている Hrim-2 SRBM (Short-Range Ballistic Missile) の詳細を明らかにした。Grom-2 または Thunder-2 という別名を持ち、ロシア製の Iskander に相当する製品だとしている。設計担当は Yuzhnoye Design Office と A.M. Makarov Pivdenny Machine-Building Plant で、2018 年初頭から量産に入る予定。(Forecast International 2018/1/4)
  • Airbus Defence and Space は、A400M の生産ペースを引き下げる。2018 年は 15 機、2019 年は 11 機とする計画 (2017 年のデリバリー実績は 19 機)。持続的な将来を実現するための最適化が目的で、納入ペースには影響しないとの説明。(Defense-Aerospace.com 2018/1/4)
  • Textron Airland LLC の Scorpion 軽攻撃機が、米空軍 AFRL (Air Force Research Laboratory) が開発したマルチセンサー ポッド・AgilePod を搭載した。(DID 2018/1/4)
  • インドは、Rafael Advanced Defence Systems Ltd. への Spike 対戦車ミサイルの発注 (5 億ドル) をキャンセルした。当の Rafael Advanced Defence Systems では「遺憾である」との声明をリリース。(DID 2018/1/4)
  • インドは総額 15 億ドルをかけて、L-70 や ZSU-23-2B といった古い対空機関砲を代替する新型近接防御火器を調達する計画。カテゴリーは Buy & Make (Indian)。(DefenseNews 2018/1/3, IHS Jane's 2018/1/5)
  • ベルギーの閣議は 2017/12/22 に、A330-200 MRTT (Multi-Role Tanker Transport) を装備する欧州共同給油機部隊 (MMF : Multinational Multi-Role Tanker Transport Fleet) 向けに、2 億 5,800 万ユーロの予算割り当てを決定した。ドイツ、オランダ、ノルウェー、ルクセンブルクに加えてベルギーが参画することで、MMF の機数は 7 機から 8 機に増える。(Belga news service 2017/12/23)
  • Rostec のボス・Sergei Chemezov 氏が Kommersant 紙の取材に対して、トルコ向けに輸出する S-400 地対空ミサイルの総額が 25 億ドルになる、と発言した。2020/3 からデリバリーを開始するとしている。このほか、中国向けの Su-35 Flanker-E について FSMTC (Federal Service for Military-Technical Cooperation) 関係者が「2018 年に第二バッチの 10 機をデリバリーする」と話しているが、FSMTC は公式のコメントを拒否。中国向けの Su-35 は 2015/11 に 20 億ドルで 24 機を受注している。(TASS 2017/12/27, TASS 2017/12/22)
  • 台湾国防部の関係者が、台湾空軍向け F-16V の第一陣・4 機が 2018 年にデリバリーされる予定になっていることを明らかにした。AIDC (Aerospace Industrial Development Corp.) で地上試験を進めているところで、その後に飛行試験を実施してからデリバリーとなる運び。(China News Agency 2017/12/27)

オマーン向け FMS (DSCA 2018/1/5)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、オマーン向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で F-16 用の OFP (Operational Flight Profile) ソフトウェア アップデート、モード 5 IFF (Identification Friend or Foe)、秘話通信機材を輸出すると通告した。総額は 6,200 万ドル。内訳は以下の通り。
  • F-16 搭載サブシステム用の OFP アップデート
  • F-16×23 機分のモード 5 IFF 機材と秘話通信機材
  • KIV-78 暗号化/タイミング モジュール×29 (うち 6 基は予備)
  • KY-100M 無線暗号化装置×29 (うち 3 基は予備)
  • AN/APX-126 CIT (Combined Interrogator Transponder)×29 (うち 3 基は予備)
  • 機密/非機密の CPINS (Computer Program Identification Numbers) アップグレード
  • IFF モード 5 に対応するための OFP アップグレード
  • JPMS (Joint Mission Planning System) のアップグレード
  • AN/AAQ-33 Sniper ATP (Advanced Targeting Pod) 用ソフトウェア
  • サポート サービス業務、支援機材、スペアパーツ、補修用パーツ、訓練、訓練機材、試験機材、文書類、エンジニアリング/テクニカル/兵站支援業務
担当メーカーは Lockheed Martin Corp. (Fort Worth, TX)。オフセットの設定はなし。

メキシコ向け FMS (DSCA 2018/1/5)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、メキシコ向けに FMS (Foreign Military Sales) 経由で RGM-84L Harpoon 艦対艦ミサイル、RIM-116 RAM (Rolling Airframe Missile) 艦対空ミサイル、Mk.54 短魚雷を輸出すると通告した。総額は 9,840 万ドル。内訳は以下の通り。
  • RGM-84L Harpoon ブロック II×6
  • RIM-116 RAM ブロック II×23
  • Mk.54 mod.0×6
  • Mk.825 mod.0 RAM GMRP (Guided Missile Round Pack) 保管/輸送用コンテナ×8
  • Mk.44 mod.4 RAM ブロック II GMRP
  • Mk.32 三連装短魚雷発射管 (SVTT : Surface Vessel Torpedo Tube)×2
  • 25mm HE-SAP (High Explosive and Semi-Armor Piercing) 機関砲弾 AA98×250
  • 25mm 曳光訓練弾 A976×750
  • 57mm プログラマブル信管付き HE (High Explosive) 弾 BA22×480
  • 57mm 訓練弾 BA23×960
  • コンテナ、スペアパーツ、補修用パーツ、支援機材、試験機材、文書類、訓練、訓練機材、技術支援業務、エンジニアリング/兵站支援業務、導入業務、魚雷用電子機器など
米軍の在庫品を提供。オフセットの設定はなし。

今日の米軍調達 (Contracts 2018/1/5)
ARMY
  • Cummins Inc. (Columbus, IN) : V903 Cummins シリーズ 600 馬力ならびにシリーズ 675 馬力ディーゼル エンジンを $257,631,721 で。民間向けの新品と再生補修品の組み合わせ。2023/6/30 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-18-D-0024)
  • 以下の各社は、環境復元工事を総額 $60,000,000 で。
    • MMG - TLI JV (Knoxville, TN) : W9128F-18-D-0001
    • MECx - Bay West JV LLC (Houston, TX) : W9128F-18-D-0002
    • LRS EOTI JV (Pasadena, MD) : W9128F-18-D-0003
    • NHV - Insight JV LLC (Honolulu, HI) : W9128F-18-D-0004
    • B&B - ECM JV (Lathrop, CA) : W9128F-18-D-0005
    • VETS - Tidewater JV (Elkridge, MD) : W9128F-18-D-0006
    • Canyon - Ayuda SDVOSB JV LLC (Lakewood, CO) : W9128F-18-D-0007
    • Relyant Global LLC (Maryville, TN) : W9128F-18-D-0008
    • TTL - EQM LLC JV (Toledo, OH) : W9128F-18-D-0009
    • Chimera and Tehama JV (Edgewood, CO) : W9128F-18-D-0010
    2023/1/4 まで。Army Corps of Engineers, Omaha, NE
NAVY
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Charlottesville, VA) : 以下の機材を対象とするフィールド補修、洋上補修、ソフトウェアの更新とサポート、エンジニアリング サポート業務を $30,001,484 で。
    • AN/WSN-7 INS (Inertial Navigation System)
    • AN/WSN-7A Ring Laser Gyro Navigation System
    • AN/WSN-7B Ring Laser Gyrocompass
    • 関連機材の補修
    SSN-795 向けが $521,000、CVN-79 向けが $471,404 など。2024/1 まで。SSC (Space and Naval Warfare Systems Center) Atlantic, Charleston, SC (N65236-18-D-8001)
  • Raytheon Co., Missile Systems (Tucson, AZ) : SM-2 と SM-6 を対象とする中環整備とデポ整備、再認証、特別整備について、FY2018-2022 分を $27,278,829 で。基本契約の米海軍向けに加えて、オプション契約分としてオーストラリア、カナダ、ドイツ、日本、オランダ、韓国、スペイン、台湾向けの補修・整備を設定。オプション契約分まで含めた総額は $227,720,555。2018/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-5407)
  • Airborne Systems of North America Corp. (Pennsauken, NJ) : E-MMPS (Enhanced Multi-Mission Parachute System) とデータ レポートを $26,657,403 で。2023/1/5 まで。Marine Corps Systems Command, Quantico, VA (M67854-18-D-1340)
  • Comtech EF Data (Tempe, AZ) : ATIP (Advanced Time Division Multiple Access Interface Processor) システムの納入と維持管理業務を $19,133,029 で。2022/1 まで。SPAWAR (Space and Naval Warfare Systems Command), San Diego, CA (N00039-18-D-0003)
  • General Electric Co. (Cincinnati, OH) : LM2500+ ガスタービン用のパワー タービン アセンブリとガス ジェネレータ アセンブリ、LM2500 ガスタービン用の統合電子制御キットを $14,799,234 で。2020/8 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (SPE4A1-17-G-0008 / N00024-18-F-4100)
  • Lockheed Martin Rotary and Mission Systems (Moorestown, NJ) : USS Stout (DDG-55) に搭載するイージス BMD 4.0.2 関連機材について、オプション契約分を $10,193,067 で。2019/4 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-14-C-5106)

今日の報道発表
  • カナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) では過去の教訓に基づいて艦載 ISTAR (Intelligence, Surveillance, Target Acquisition and Reconnaissance) 用 UAV の導入計画を進めている。主導しているのは DNR (Director of Naval Requirements) で、2016/10 に HMCS Summerside 艦上で AeroVironment Inc. 製 RQ-20 Puma の、2017/11 に HMCS Winnipeg 艦上で Class 1 回転翼 UAV のデモンストレーションを実施済み。(Royal Canadian Navy 2018/1/4)
  • AIM Norway は 2017/12/21 に、ノルウェー国内に開設することになっている F135 エンジンの整備担当デポ施設について、Rygge に開設すると決定した。2014 年に、欧州カスタマー向けのエンジン整備デポをノルウェー、オランダ、トルコに設置する話が決まっている。AIM Norway は 2011/12/15 に、国防省の 100% 出資で発足した会社で、22 部門・440 名の従業員を擁する。(Norwegian MoD 2017/12/22)
  • Terma A/S はベルギー軍から、F-16 のパイロンに組み込むディスペンサー・PIDS+ (Pylon Integrated Dispensing System) の導入改修を受注した。これで、EPAF (European Participating Air Forces) の当初参加国 (デンマーク、ノルウェー、オランダ、ベルギー) がすべて PIDS+ を発注したことになる。(Terma 2018/1/4)
  • スウェーデン軍国防資材局 (FMV : Forsvarets Materielverk) とフィンランド軍兵站部門 (FDF LogCom : Finnish Defence Forces Logistic Command) が、魚雷分野における協力を図ることになった。これによって対潜戦 (ASW : Anti Submarine Warfare) 分野での協力拡大につなげられるとしている。(Forsvarets Materielverk 2018/1/4)
  • インド国防省は、P-8I 用の訓練ソリューションと LICEWS (Low Intensity Conflict Electronic Warfare System) 電子戦システム、総額 241 億 9,320 万ルピーの調達案件について承認が降りた、と発表した。前者は 194 億 9,320 万ルピー (3 億 700 万ドル) の案件で、2021 年までに Arakkonam の INS Rajali に設置するほか、整備訓練用シミュレータを Kochi の NIAT (Naval Institute of Aeronautical Technology) に設置する。残りが後者。(Indian MoD 2018/1/4-5, IHS Jane's 2018/1/5)
  • Airbus は、Strategic Simulation Solutions (Aurora, CO) の買収を発表した。同社がアメリカ西部に訓練施設を設けるのは初めての事例で、民航分野におけるパイロット不足を睨んだ動き。(Airbus 2018/1/4)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/1/4)
NAVY
  • Open SAN Consulting LLC (dba OSC Edge, Atlanta, GA) : IT サービス業務を $44,290,359 で。NDU (National Defense University) のエンタープライズ ネットワークを管理する案件。作業場所は以下の通り。
    • Washington DC (75%)
    • Norfolk, VA (20%)
    • Atlanta, GA (5%)
    2023/1 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Fleet Logistics Center Norfolk, Contracting Department Philadelphia, PA (N00189-18-D-Z010)
  • Northrop Grumman Systems Corp., Aerospace Systems (Melbourne, FL) : E-2D に装備する ARP (Advanced Radar Processor) ハードウェア セットを $11,746,770 で。前契約は N00019-15-G-0026。2019-2020 年にかけて実施する運用評価試験と EA (Electronic Attack) 対抗技術の開発試験で使用するためのもの。2019/11 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-18-F-1651)
ARMY
  • Isometrics Inc. (Reidsville, NC) : モジュラー燃料システム用タンク ラック モジュール M-108の追加に伴う修正契約を $10,336,852 で。2018/9/30 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-13-D-0117/#0008)
USSOCOM (US Special Operations Command)
  • Raytheon Co., Space and Airborne Systems (McKinney, TX) : Silent Knight レーダー用の OFP (Operational Flight Program) 開発を $9,750,000 で。米特殊作戦軍団 (USSOCOM : US Special Operations Command) の固定翼機に搭載するもの。USSOCOM (US Special Operations Command) Contracting Office, Tampa, FL (H92222-18-D-0003)

今日の報道発表 (北米編)
  • Orbital ATK Inc. は米空軍から、強化目標破壊用信管・FMU-167/B HTVSF (Hard Target Void Sensing Fuze) の全規模量産 (FRP : Full Rate Production) 契約を 2,300 万ドルで受注した。2016 年に受注した初期量産契約の続き。(Orbital ATK 2018/1/3, SpaceWar 2018/1/3)
  • Aurora Flight Sciences Corp. は米空軍から、Orion UAS (Unmanned Aircraft System) の開発継続契約を 4,800 万ドルで受注した。(Aurora Flight Sciences 2018/1/3)

今日の報道発表 (その他編)
  • フィンランド海軍は、Hamina 級高速戦闘艇×4 隻を対象とする SQ2000 MLU (Squadron 2000 Mid-Life Upgrade) 計画の契約を発注した。主契約社は Patria Oy で、総額 1 億 7,000 万ユーロ。Saab AB が副契約社に入り、9LV 指揮管制装置、9LV 射撃管制装置、軽量型魚雷を担当する。魚雷は 2018 年にデリバリーの予定で、Patria と Saab が組んでインテグレーションを実施する。Saab の受注額は 9 億 6,000 万クローネ。(Patria 2018/1/4, Saab 2018/1/4)
  • Elbit Systems Ltd. は、英陸軍の ACF (Army Cadet Force) 向けに納入した Mercury 通信システムが完全運用能力 (FOC : Full Operational Capability) を達成した、と発表した。Drumgrange Ltd. と組んで導入したもので、VHF 通信機 PRC-710×3,000 基、増幅装置、HF 背負式通信機 PRC720×150 基、充電器などで構成する。(Elbit Systems 2018/1/3)
  • ドイツ連邦軍 (Bundeswehr) の調達部門・BAAINBw (Bundesamt fur Ausrustung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr) は、マリとアフガニスタンにおける Heron UAV の運用について、2017/12/19 に Airbus Defence and Space に対して延長契約を発注した。アフガニスタンでは 2010 年、マリでは 2016 年から運用中で、累計飛行時間は 35,000 時間。(BAAINBw 2017/12/27)
  • 露国防省は、2018 年に航空宇宙軍の長距離航空部隊 (DA) に近代化改修を実施した爆撃機を 6 機、陸軍に ZSU-23-4 Shilka に代わる新型対空砲を、それぞれ配備すると発表した。(Russian MoD 2018/1/3-4)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/1/3)
NAVY
  • Raytheon Co. (Tucson, AZ) : RIM-162 ESSM (Evolved Sea Sparrow Missile) に関連するデザイン エージェント業務、配備済みミサイルを対象とするサポート業務、テクニカル/エンジニアリング サポート サービス業務について、オプション契約分を $37,503,038 で。2018/12 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-16-C-5433)
ARMY
  • Melwood Inc. (Upper Marlboro, MD) : Fort Meade で実施するベース オペレーション業務を $18,552,775 で。2018/12/31 まで。Army Mission and Installation Contracting Command, Fort Belvoir, VA (W91QV1-18-C-0008)
AIR FORCE
  • GA-ASI (General Atomics Aeronautical Systems Inc., Poway, CA) : MQ-9 ブロック 5 キットに関する修正契約を $14,151,324 で。UCA (Undefinitized Contract Action)。ER (Extended-Range) キット、BLOS (Beyond-Line-Of-Sight) キット、Barrett Asymmetrical Digital Datalink Computer Router を含む。2021/2/21 まで。Medium Altitude Unmanned Aerial Systems Division, Wright-Patterson AFB, OH (FA8620-16-C-3003/P00021)

今日の報道発表
  • カナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) の Resolve 級給油艦・MV Asterix が 2017/12/27 に CFB Halifax に到着。Quebec City から Halifax までの回航は商船乗組員 36 名で実施した。年明けから乗組員 100 名の訓練に入る。運用は Federal Fleet Services Inc. が担当する。(Davie Shipbuilding 2017/12/26, IHS Jane's 2017/12/29)
  • Saab AB は、Sea Giraffe 4A レーダーの固定パネル版・Sea Giraffe 4A FF (Fixed Face) を発表した。通常版は一面旋回式の AESA (Active Electronically Scanned Array) タイプ。 (Saab 2017/12/29)
  • Atlas Elektronik GmbH と Kongsberg Gruppen ASA が対等出資するジョイント ベンチャー・KTA Naval Systems が発足した。TKMS (Thyssenkrupp Marine Systems AG) が建造する潜水艦向けに、戦闘システムを開発するのが目的。(Atlas Elektronik 2017/12/22)
  • Marshall Aerospace and Defence Group はフランス軍の航空機整備部門・SIAe (Service Industriel de l’Aeronautique) から、フランス空軍 (AdlA : Armee de l'Air) の C-130H×14 機を対象とするエンジニアリング サービス業務の契約を受注した。業務の対象は SIAe で、移行期間に続いて 4 年間に渡って業務を実施する。(Marshall Aerospace 2017/12/22)
  • TKMS (ThyssenKrupp Marine Systems AG) と Lurssen で構成する ARGE F125 コンソーシアムで建造した F125 フリゲートの 1 番艦・FGS Baden-Wurttemberg について、イツ連邦軍 (Bundeswehr) の調達部門・BAAINBw (Bundesamt fur Ausrustung, Informationstechnik und Nutzung der Bundeswehr) は「未解決の問題が多数残されている」として領収を拒否、艦を造船所に差し戻した。そのため、造船所ではハード/ソフトの不具合解決に向けた作業を進めているところ。(German Navy 2017/12/22)
  • Leonardo Helicopters はラトビア国境警備隊から、AW119Kx×2 機 (さらにオプション 1 機) を受注した。機体のカスタマイズや、搭乗員・整備要員の訓練も契約に含む。2019 年のデリバリーを予定している。(Leonardo 2018/1/2)
  • Ukroboronprom 傘下の Kyiv Armored Plant が、ウクライナ軍に BTR-3DA 装甲車や補修品の T-72 戦車など 50 両あまりをデリバリーした。2017 年のトータルでは 100 両以上をデリバリーしたとしている。Ukroboronprom では、2017 年に能力の実証ができた同社製品として、BTR-4MV1 装甲車、Horlytsya UAV、80K6T 対空三次元レーダー、T-72AMT 戦車といった製品を挙げている。(Ukroboronprom 2017/12/27, Ukroboronprom 2018/1/2)
  • DRDO (Defence Research and Development Organisation) は 2017/12/28 に Orissa 州の Dr Abdul Kalam Island 沖で Ashvin 弾道弾迎撃ミサイルの試射を実施、高度 15km で標的ミサイルへの直撃に成功した。通算 4 回目の試射で、直撃に成功したのは 2 回目。(Indian MoD 2017/12/28, IHS Jane's 2018/1/4)
  • HAL (Hindustan Aeronautics Ltd.) はインド国防省から、同国陸・空軍向けの LCH (Light Combat Helicopter) について、15 機を限定量産するための RfP を受領した。現在は 4 機で飛行試験を実施しているところで、8 月に 15 機の量産を決定済み。今回の 15 機が加わると合計 30 機となる。(HAL 2017/12/22)
  • インド国防省は、装備調達案件・2 件の承認が降りた、と発表した。Rosoboronexports に発注する精密誘導兵器×240 発 (125 億 4,000 万ルピー) と、Rafeal Advance Defence Systems Ltd. に発注する Barak 艦対空ミサイル×131 発 (46 億ルピー)。(Indian MoD 2018/1/2)
  • Elbit Systems Ltd. はアジア太平洋地域の某国から、Mi-17 を対象とする整備とアップグレード改修の契約を 1 億 1,000 万ドルで受注した。機数は数ダース、契約期間は 5 年間。(Elbit Systems 2018/1/2)
  • GE Aviation がビジネス機やジェネアビ機向けに新規開発したターボプロップ エンジン・Advanced Turboprop が、チェコの Prague にある同社事業所で 2017/12/22 に最初の試運転を実施した。2018 年から、型式証明取得に向けた試験を始める予定で、まず 2018 年末から Textron Aviation の新型・Cessna Denali に搭載する。(GE Aviation 2017/12/27)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • 2018/1/2 に Lask の第 32 航空基地で、ポーランド軍・第四次クウェート派遣部隊の出発式典が行われた。2016/6/17 に Andrzej Duda 大統領が合意文書に調印した、OIR (Operation Inherent Resolve) への協力。(Polish MoD 2018/1/2)
  • サウジアラビアは、2018/1/5 に同国南西部の Najran で、イエメンの Houthi が撃ち込んできた弾道ミサイルを撃ち落とした、と発表した。国営テレビ Al Ekhbariya が伝えたもの。その Houthi (Ansar Allah) は 2017/12/31 に「スパイ船を捕獲した」と発表しているが、これは Hydroid 製 REMUS 600 UUV の模様。(SpaceWar 2018/1/5, IHS Jane's 2018/1/5)
  • 露国防省は、2017/12/31 にシリアの Hmeymim にある飛行場に迫撃砲が撃ち込まれて 2 名が死亡したことを明らかにした。(TASS 2018/1/4)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |