今週の軍事関連ニュース (2018/02/12)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | 戦争・紛争 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • ルーマニアの Mihai Fifor 国防相が、潜水艦×3 隻と水上戦闘艦×4 隻を調達する計画の存在を明らかにした。現在は要件定義の作業を進めているところで、その後で国防会議に計画を提出、議会の承認を経て実現の運びとすることになっている。(DefenseNews 2018/2/9)
  • Falkland Islands の Mare Harbour で、DIO (Defence Infrastructure Organisation) が実施していた港湾施設改良工事が完了した。1,900 万ポンドの契約で VolkerStevin が担当したもの。この工事で 20,000t 級の Point Class が接岸可能になり、同級 1 隻で所要物資の 85% を搬入できるとしている。(MoD UK 2018/2/8)
  • South China Morning Post が「中国が洋上配備型ミサイル防衛システムを開発する」と報じた。(SpaceWar 2018/2/9)

今日のニュースいろいろ
  • ASEAN (Association of Southeast Asian Nations) の閣僚級会議で、「中国が実施している人工島の埋め立て工事は信頼を損ねる行為」との指摘がなされた。(SpaceWar 2018/2/6)
  • フランスは、国防支出を 40% 以上増額して NATO 基準値の対 GDP 比 2% を達成する考えを明らかにした。2018/2/8 にリリースした新しい LPM (Loi de Programmation Militaire) の草案で明らかになったもの。FY2018 には 342 億ユーロのところ、FY2023 まで毎年 17 億ユーロずつ増額して 440 億ユーロとする。さらに FY2024-2025 に 30 億ユーロずつ増額する計画だが、これはマクロ経済状況次第。対 GDP 比 2% は FY2025 までに達成する予定。この増額は主として、陸軍と核抑止力の分野に恩恵をもたらす模様。(French Armed Forces Ministry 2018/2/8, SpaceWar 2018/2/7, DefenseNews 2018/2/8)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • スペイン軍が掲げた、優先度の高い装備調達計画は以下の通り。
    • MQ-9 Reaper : 2018 年に 4 機の取得を予定
    • A400M : Ala 31 (Zaragoza AB) に 2 機を配備済み、2018 年に 2 機を追加
    • C.16 / CE.16 (Eurofighter Typhoon) : 先日に Ala 14 (Albacete AB) に Getafe で組み立てた 2 機を配備。さらに追加して 72 機を揃える
    • H225 Super Pumas : No. 802 Sqn. (Gando AB, Gran Canaria) に 3 機を配備して実働体制とした。救難用
    • 次期練習機 : 飛行訓練校で使用している C-101 の後継機。現在は検討段階だが T-6 が有力視されているとの情報も
    (ABC 2018/2/7)
  • ポーランドが、攻撃ヘリ×32 機を調達する Kruk 計画を立ち上げる。戦略国防評価の中で必要性が指摘されたもので、現在は調達に関する法的側面の検討を進めているところ。FMS (Foreign Military Sales) 経由での AH-64E と AH-1Z の提案がなされている。Mi-24 の近代化改修という選択肢もあるが、現在は非誘導ロケット弾と 12.7mm 機関銃しか装備していない。(Defence24.com Poland 2018/2/5)
  • インド海軍が空母搭載機に関する RfP を発出したのに対して、Saab AB が JAS39E/F Gripen NG の艦載型を提案した。(DID 2018/2/8)
  • トルコ軍の調達部門・SSM (Savunma Sanayii Mustesarligi) は、Altay 戦車のパワーパックについて BMC の採用を決定した。(DID 2018/2/8)
  • チェコ国防省は、12 億 7,000 万コルナ (6,229 万ドル) をかけて ShKH vz.77 DANA 122mm 装輪自走榴弾砲×33 両をアップグレード改修する計画をキャンセル。改めて総額 100 億コルナ (4 億 9,000 万ドル) をかけて、西側製の自走榴弾砲×50 両を調達する計画を打ち出した。(IHS Jane's 2018/2/7. DefenseNews 2018/2/7)
  • InstantEye Robotics が米海軍の Navy and Marine Corps Small Tactical Unmanned Aircraft Systems Program Office (PMA-263) から、InstantEye Mk.2 GEN3-A0 sUAS (Small Unmanned Aircraft System)×800 機を追加受注した。歩兵分隊レベルで監視・偵察に使用する。(Forecast International 2018/2/6)
  • インドを訪問したフランス空軍 (AdlA : Armee de l'Air) 参謀総長の Andre Lanata 大将が 2018/2/7 に、Jodhpur AB で LCA (Light Combat Aircraft) こと Tejas に体験搭乗した。(Press Trust of India 2018/2/7)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/2/9)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Source-Ray Inc. (Ronkonkoma, NY) : 放射線関連のシステムとアクセサリー類を $100,000,000 で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2023/2/8 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2D1-18-D-0008)
  • VWR International (Radnor, PA) : 電子カタログ向けのラボ用サプライ品を $48,000,000 (価格修正条項付き) で。懇請 SPE2DE-17-R0001 による。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2023/2/8 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2DE-18-D-0005)
  • ContiTech USA Inc. (Fairlawn, OH) : T-161 履帯アセンブリを $14,820,090 で。陸軍向け、2019/8/3 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Warren, MI (SPRDL1-18-C-0142)
NAVY
  • Tekla Research Inc. (Dumfries, VA) : NAVAIR (Naval Air Systems Command) 麾下、Systems Engineering Department (AIR-4.1) 向けの工学・技術関連サービス業務、835,200 時間分を $64,073,829 で。コスト、スケジュール、技術、設計の熟成に関する評価作業を支援する案件。2023/4 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-18-D-0015)
  • AVIAN-Precise Co. (Lexington Park, MD) : NAVAIR (Naval Air Systems Command) 麾下、Systems Engineering Department (AIR-4.1) 向けの工学・技術関連サービス業務、739,200 時間分を $57,399,109 で。ライフサイクル全体を対象とする維持工学支援業務を担当する案件。2023/4 まで。NAWC-AD (Naval Air Warfare Center Aircraft Division), Patuxent River, MD (N00421-18-D-0016)
  • BAE Systems Hawaii Shipyards Inc. (Honolulu, HI) : USS Chafee (DDG-90) を対象とする SRA (Selected Repair Availability) について、修正契約を $22,744,115 で。2018/9 まで。Pearl Harbor Naval Shipyard and Intermediate Maintenance Facility, Pearl Harbor, HI (N00024-14-C-4412)
  • FLIR Systems Inc. (North Billerica, MA) : 保障外の製品補修作業、スペアパーツ、製品の改修とアップグレードを $18,914,000 で。個人携帯用・艦載用・陸上用のセンサー機器が対象。海軍・海兵隊・沿岸警備隊・USSOCOM (US Special Operations Command) 向け。2020/2 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center), Crane Division, Crane, IN (N00164-18-D-JQ99)
  • HII (Huntington Ingalls Industries Inc., Pascagoula, MS) : USS Boxer (LHD-4) を対象とする、プログラム管理、先行計画立案、エンジニアリング、設計、スケジュール策定、設計審査などを $11,595,871 で。2018/12 まで。Supervisor of Shipbuilding, Conversion, and Repair Gulf Coast, Pascagoula, MS (N00024-16-G-4305)
  • Raytheon Co., Integrated Defense Systems (Tewksbury, MA) : DDG-1000 Zumwalt 級のミッション システム機材を対象とする導入とインテグレーションについて、修正契約を $10,818,574 で。プロセッサ、固定式カメラ、パン/ティルト/ズーム機能付きカメラ、無線アクセス ポイントを導入。2019/7 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-10-C-5126)
DFAS (Defense Finance and Accounting Service)
  • KPMG LLP (Washington DC) : 米陸軍工兵隊 (USACE : US Army Corps of Engineers) が実施する土木工事を対象とする会計監査業務を、$57,679,834 で。FY2018-2022 分。DFAS (Defense Finance and Accounting Service), Contract Services Directorate, Columbus, OH (HQ0423-18-F-0039)
AIR FORCE
  • Spartan Air Academy Iraq LLC (Addison, TX) : イラク空軍向けの飛行訓練学校立ち上げを $45,000,000 で。Balad AB で実施。FMS (Foreign Military Sales) 案件、2019/2/8 まで。338th Specialized Contracting Squadron, JB (Joint Base) San Antonio-Randolph, TX (FA300218D0009)
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Marietta, GA) : C-5 を対象とする維持管理とエンジニアリング サービス業務を $9,671,233 で。前契約は FA8525-16-D-0002。2019/1 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Warner-Robins AFB, GA (FA8525-18-F-0011)
  • 22nd Century Technologies Inc. (Somerset, NJ) : 33rd NWS (33rd Network Warfare Squadron) 向けの業務について、オプション契約分を $8,414,858 で。累計受注額は $24,587,454。2021/2/28 まで。38th Contracting Squadron, JB (Joint Base) San Antonio, San Antonio, TX (FA8773-15-C-0067/P00008)
ARMY
  • Vectrus (Colorado Springs, CO) : Area Support Group-Kuwait Dining Facility (Kuwait City, Kuwait) で実施する給養業務について、所要の人員、機材、サプライ品、輸送、ツール類、資材、監督などを $21,810,249 で。2023/8/7 まで。Army Contracting Command, Rock Island Arsenal, IL (W52P1J-18-C-0025)

今日の報道発表 (北米編)
  • Bell Helicopter Textron Inc. は、V-280 Valor の飛行試験の進捗について発表した。前進速度 80kt、対地高度 1,000ft に到達、地上のタキシング、ホバータキシング、低空ホバリングと 360 度のペダル ターン、前後/横方向移動、40kt でのロールオン ランディングも実施。(Bell Helicopter Textron 2018/2/8)
  • 米海軍は 2018/2/8 に、Arleigh Burke 級フライト III の多年度調達 (MYP : Multi-Year Procurement) について、RfP を GDBIW (General Dynamics Bath Iron Works) と HII (Huntington Ingalls Industries Inc.) に発出した。期間は 2018-2022 年の 5 年間。(US Navy 2018/2/8)

今日の報道発表 (その他編)
  • F-35 ATC (Academic Training Center, Eglin AFB, FL) で、海外パートナー向けの整備要員訓練が 1,000 人目に到達した。1,000 人目はイギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) の Matthew Elwood 軍曹。RAF Marham で救装部門の先任下士を務めており、これから 3 週間の SEF Survival Equipment Fitter) 課程を受講する。(USAF 2018/2/8)
  • Kongsberg Gruppen ASA 傘下の KDA (Kongsberg Defence & Aerospace) と Patria Oy が、ミサイル分野を対象として協業の機会を開拓する、との合意をまとめた。フィンランドに Missile Competence Center を設立、OTF (Open Tactical Framework) コア テクノロジーとシステム アーキテクチャ ソフトウェアを活用する。(Kongsberg Gruppen 2018/2/8)
  • Marshall Aerospace and Defence Group はスウェーデン軍国防資材局 (FMV : Forsvarets Materielverk) から、同国空軍の C-130 を対象とする重整備の契約を受注した。期間は 2021 年末までで、さらに延長するオプションを設定。同社は 1974 年からスウェーデンの C-130 を整備している。(Marshall Aerospace and Defence Group 2018/2/8)
  • BAE Systems は、Warton 工場で実施していた Aircraft Flexible Payload Bay の試験が完了して、高亜音速での兵装投下を行えることを確認した、と発表した。開発に際して、MBDA UK と Harris Corp. の Release SystemsのWeapon and Ejector Release Unit が協力した。(BAE Systems 2018/2/8)
  • Northrop Grumman Corp. は、サウジアラビア向けの電子戦脅威シミュレーション機材・JTE (Joint Threat Emitter) を対象とするサポート サービス業務を 7,500 万ドルで受注した。JTE は米空軍の PoR (Program of Record) になっていて、国内外で 23 システムが稼働中。(Northrop Grumman 2018/2/8)
  • Irkut を訪問した Yuri Borisov 露国防副大臣が、ロシア軍が 2018 年に Su-30SM×14 機 (うち 2 機は海軍向け) と Yak-130×10 機を受領する、と発言。現時点で 17 機が最終組立工程にある。(Russian MoD 2018/2/8)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/2/8)
NAVY
  • Harris Corp. (Clifton, NJ) : AN/ALQ-214A(V)4/5 IDECM (Integrated Defensive Electronic Countermeasures) 用機上ジャマーの全規模量産 (FRP : Full Rate Production) について、オプション契約分を $161,049,786 で。F/A-18 搭載用、米海軍向け $101,101,938 (63%)、オーストラリア向け FMS (Foreign Military Sales) $59,947,848 (37%)。2021/5 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0090/P00002)
  • Northrop Grumman Systems Corp. (Rolling Meadows, IL) : AN/APR-39C/D(V)2 レーダー警報受信機 (RWR : Radar Warning Receiver) のオプション契約分を $88,863,058 で。内訳は以下の通り。
    • D(V)2 プロセッサ×96
    • D(V)2 アンテナ ディテクター×439
    • D(V)2 レーダー受信機×278
    • D(V)2 ロー バンド アレイ×102
    • D(V)2 バッテリ ハンドル アセンブリ×176
    • D(V)2 回路基板アセンブリ (CCA : Circuit Card Assemblies)×19
    • C(V)2 プロセッサ×28
    • C(V)2 アンテナ ディテクター×16
    • C(V)2 レーダー受信機×36
    • C(V)2 回路基板アセンブリ×99
    • テクニカル/エンジニアリング/兵站/管理サービス業務
    米海軍向け $69,649,248 (78%)、米陸軍向け $19,213,810 (22%)。2020/8 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0037/P00003)
  • BAE Systems Jacksonville Ship Repair LLC (Jacksonville, FL) : USS Philippine Sea (CG-58) を対象とする入渠整備・SRA (Selected Restricted Availability) を $9,613,062 で。オプション契約分まで含めた総額は $71,892,174。2019/3 まで。Southeast Regional Maintenance Center, Mayport, FL (N40027-17-D-1007)
  • Corps Solutions LLC (Stafford, VA) : 射場管制施設向けのサポート サービス業務を $44,429,527 で。作業場所は以下の通り。
    • Quantico, VA (29%)
    • Camp Pendleton, CA (12%)
    • Bridgeport, CA (12%)
    • Townsend Bombing Range, GA (9%)
    • Okinawa, Japan (8%)
    • 29-Palms, CA (7%)
    • Kaneohe Bay, HI (7%)
    • Cherry Point, NC (2%)
    • Bellows Air Force Station, HI (2%)
    • Parris Island, SC (2%)
    • Iwakuni, Japan (2%)
    • Guam (2%)
    • Yuma, AZ (2%)
    • Puuloa, HI (1%)
    • Camp Fuji, Japan (1%)
    • Camp Lejeune, NC (1%)
    • Miramar, CA (1%)
    2023/3/2 まで。Marine Corps Systems Command, Quantico, VA (M67854-18-D-7853)
ARMY
  • Hensel Phelps Construction Co. (Honolulu, HI) : Schofield Barracks (Oahu, HI) で実施する医療施設増築工事を $74,987,000 で。2020/2/22 まで。Army Corps of Engineers, Honolulu, HI (W9128A-18-C-0001)
  • Ideal Industries Inc. (Sycamore, IL) : 汎用機械工具を $49,525,324 で。2023/2/14 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-18-D-0028)
  • BAE Systems Land and Armaments LP (Sterling Heights, MI) : M2 Bradley を対象とする ECP 2 (Engineering Change Proposal 2) 適用について、コスト超過に伴う修正契約を $9,256,260 で。2018/9/14 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-12-C-0358/P00038)
AIR FORCE
  • Utah State University Research Foundation/Space Dynamics Laboratory (North Logan, UT) : SSA (Space Situational Awareness) 用のセンサー開発について、修正契約を $29,780,420 で。概念策定、分析、設計を担当。Space Vehicles Directorate Threat Warning and Assessment Program と Detect, Track, Identify and Characterize SSA Program 向け。累計受注額は $40,755,020。2023/3/15 まで。AFRL (Air Force Research Laboratories), Kirtland AFB, NM (FA9453-16-D-0004/#0001/#0019)
  • Boeing Co. (St. Louis, MO) : GBU-57/B MOP (Massive Ordnance Penetrator) を $20,970,424 で。2020/7/31 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Eglin AFB, FL (FA8681-18-C-0038)
  • Vectrus Systems Corp. (Maxwell AFB, AL) : Maxwell-Gunter AFB で実施するベース オペレーション業務について、オプション 1 契約分を $9,159,108 で。累計受注額は $37,201,850。2019/3/31 まで。42nd Contracting Squadron, Montgomery AFB, AL (FA3002-17-C-0009/P00021)
  • UIC Science LLC (Barrow, AK) : アラスカの Barter Island Long Range Radar Station で実施する、施設閉鎖に伴う原状復旧作業を $7,664,917 で。2019/4/19 まで。Air Force Installation Contracting Agency, 772nd Enterprise Sourcing Squadron, JB (Joint Base) San Antonio-Lackland, TX (FA8903-17-C-0032)
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Marietta, GA) : C-5 を対象とする兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support) を $7,633,301 で。管理、補修、技術支援で構成。2018/7/1 まで。AFLCMC (Air Force Life Cycle Management Center), Warner-Robins AFB, GA (FA8525-16-D-0003)
DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency)
  • General Dynamics Mission Systems Inc. (San Antonio, TX) : 機密の IT サービス業務について、修正契約を $24,521,299 で。累計受注額は $52,441,559 から $76,962,858 に。2019/2 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency), Arlington, VA (HR0011-16-C-0001/P00026)
  • Systems & Technology Research (Woburn, MA) : DARPA の Tactical Exploitation of the Acoustic Channel Program を $12,091,198 で。2019/8 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency), Arlington, VA

今日の報道発表 (北米編)
  • 米海兵隊システム軍団 (MARCORSYSCOM : Marine Corps Systems Command) は 2017/12 にアメリカ西部で実施した師団級演習 "Steel Knight" に、Modified Full Width Mine Plow のプロトタイプを装備した ABV (Assault Breacher Vehicle) を初めて持ち込んだ。現行の Full Width Mine Plow は幅が広すぎて LCU (Landing Craft Utility) に載らないが、新型は載るので、揚陸・啓開が容易になる。また、安全性も向上しているとする。(USMC 2018/2/6)

今日の報道発表 (その他編)
  • Luke AFB で F-35A への転換訓練を受けていたオーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) の Darren Clare 中佐が、2017/12 に訓練を終えて帰国した。同中佐はこの後、No.3 Sqn. (RAAFB Williamtown, New South Wales) の飛行隊長に就任する。このほか、Andrew Jackson 中佐と David Bell 少佐も F/A-18 から F-35A に転換中。(Australian DoD 2018/2/7)
  • Lockheed Martin Corp. は、アラブ首長国連邦 (UAE : United Arab Emirates) の F-16E/F-60 が装備するアナログ式 HUD (Head Up Display) の代替について、BAE Systems の採用を決めた。DLE (Digital Light Engine) 技術を用いる最新のデジタル式を導入する。(BAE Systems 2018/2/8)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) の艦隊旗艦・HMS Ocean が、解役工事のため、Portsmouth Naval Base を出港して最後の航海に出た。(Royal Navy 2018/2/7)
  • IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) が、航空機向けの小型軽量曳航デコイ・ELL-8270 の存在を明らかにした。ジャマーの代替用ではなく、新たな防御の層を積み増すものだとしている。同社はこのほか、自衛用電子戦ポッド ELL-8212 ならびに ELL-8222、警報/測位システム ELL-8265、統合自衛用電子戦機材 ELL-8260 といった製品をラインナップしている。(IAI 2018/2/7, IHS Jane's 2018/2/8)
  • IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) は Heron UAV について、数千 km 離れた遠隔地で自動離着陸を行う能力を実現した、と発表した。2017/5 に試験を成功裏に実施した後、2017/11 にカスタマー向けの実証試験も実施。(IAI 2018/2/7)
  • IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) は、イスラエル空軍 (IAF : Israel Air Force) に Heron TP UAV を追加納入する、と発表した。これらの機体は従来の機体にはない能力を備えるとしている。(IAI 2018/2/7)
  • スロベニア軍が、新設する中央大隊戦闘群に配備する装甲車として Boxer の採用を決定した。9-10 月までに最終提案をまとめて 2018-2019 年に予算を計上、OCCAR (Organisation Conjointe de Cooperation en matiere d'ARmement) 経由で取得する。2016-2020 年を対象とする中期国防計画と、025 年までを対象とする長期国防計画の下で導入する。(Slovenian MoD 2018/2/7, IHS Jane's 2018/2/7)
  • Cobham plc は、タイ空軍 (RTAF : Royal Thai Air Force) の JAS39C/D Gripen で使用するミサイル発射機 (MML : Multi-Missile Launcher) を納入していることを明らかにした。(Cobham Twitter 2018/2/8)
  • Yuri Borisov 露国防副大臣は訪問先の Primorye Territory で、2021 年までに巡航ミサイル搭載の改 Project 944-AM 原潜×4 隻を太平洋艦隊に配備する、と発表した。Project 949A (Oscar II 型) は 650mm と 533mm の魚雷発射管×6 門を備えて、Kalibr や Onyx の搭載が可能。11 隻を建造して 8 隻が現役にある。このほか、同国防副大臣の話として、Su-57 の前量産型×12 機を発注する計画があると報じられている。さらに、2018 年から Su-30SM のアップグレード改修を開始して、2019 年に配備を開始するとの話も。(Russian MoD 2018/2/6, TASS 2018/2/8)
  • Russian Helicopters JSC は、エンジンと駆動系を新型化した Mi-171E2 の飛行試験を完了した、と発表した。開発元は Mil Moscow Helicopter Plant、製作担当は UUAP (Ulan-Ude Aviation Plant)。試験によって性能向上を確認できたとしている。エンジンは VK-2500PS-03、ローター ブレードは複合材料化、テイル ローターは Mi-171A2 と同じ X 型。なお、輸出型は Mi-171E と称する。(Russian Helicopters 2018/2/7)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/2/7)
ARMY
  • Oshkosh Defense LLC (Oshkosh, WI) : FMTV (Family of Medium Tactical Vehicles) A2 仕様を $476,200,000 で。2022/2/7 まで。Army Contracting Command, Warren, MI (W56HZV-18-D-0010)
  • Textron Inc., Textron Systems (Hunt Valley, MD) : 配備済みの OSRVT (One System Remote Video Terminal) を対象とする兵站支援業務 (CLS : Contractor Logistics Support) について、修正契約を $28,240,414 で。2019/2/7 まで。Army Contracting Command, Redstone Arsenal, AL (W58RGZ-17-D-0006/#0004)
AIR FORCE
  • Northrop Grumman Systems Corp., Aerospace Systems (Redondo Beach, CA) : EHF XDR (Extremely High Frequency eXtended Data Rate) ペイロード×2 セットを $428,806,926 で。2022/12 まで。SMC (Air Force Space and Missile Systems Center), Military Satellite Communications Directorate, Los Angeles AFB, CA (FA8808-18-C-0002)
  • Georgia Power Co. (Atlanta, GA) : 空気圧縮機のアップグレードに関わる設計・建設工事について、修正契約を $35,514,460 で。累計受注額は $39,142,767。Robins AFB で実施、2040/1 まで。AFMC (Air Force Material Command) Operational Contracting, Warner Robins AFB, GA (FA8501-13-F-A025/P00005)
  • Valdez International Corp. (Colorado Springs, CO) : 空軍の情報通信網を対象とする運用・維持管理・可用性維持作業について、オプション 1 契約分を $16,622,633 で。累計受注額は $70,528,073。作業場所は以下の通り。
    • JB (Joint Base) Langley-Eustis, VA
    • Peterson AFB, CO
    • Andrews AFB, MD
    • Scott AFB, IL
    • Wright-Patterson AFB, OH
    2019/2/2 まで。38th Cyberspace Engineering Installation Group, Tinker AFB, OK (FA8773-17-C-0002/P00007)
  • AllState Engineering (Los Angeles, CA) : 施設、タンク類、モニュメント、標識類などを対象とする塗装/コーティング作業を $16,146,891 で。Edwards AFB で実施、2023/2/6 まで。Air Force Test Center, Directorate of Contracting, Edwards AFB, CA (FA9301-18-D-0002)
NAVY
  • BAE Systems San Diego Ship Repair (San Diego, CA) : USS Pearl Harbor (LSD-52) を対象とする FY2018 分の SRA (Selected Restricted Availability) を $34,121,489 で。オプション契約分まで含めた総額は $36,374,072。2019/5 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-4443)
  • Raytheon Co. (El Segundo, CA) : AN/APG-79 レーダーの統合テストベンチ×3 セットを対象とするアップグレード改修・配線交換を $9,435,547 で。2020/12 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-15-G-0003/#3000)
WHS (Washington Headquarters Services)
  • JHU (Johns Hopkins University, Laurel, MD) : 陸海空・宇宙空間・サイバー空間を対象とする攻撃能力について、評価・代案検討作業の修正契約を $13,791,316 で。2019/3/24 まで。WHS (Washington Headquarters Services), Arlington, VA
DISA (Defense Information Systems Agency)
  • Booze Allen Hamilton Inc. (McLean, VA) : DISA (Defense Information Systems Agency) の Department of Defense Mobility Program に関連するエンジニアリング/テクニカル サポート サービス業務について、オプション 3 契約分を $11,927,415 で。2018/2/4-2019/2/3 まで。Defense Information Technology Contracting Organization, Scott AFB, IL (HC1047-15-F-0005/P00038)

今日の報道発表 (北米編)
  • Kongsberg Gruppen ASA 傘下の KDA (Kongsberg Defence & Aerospace) が、F-35 に関する 157 機分・3 億 2,000 万クローネの契約を受注した。(Kongsberg Gruppen 2018/2/6)
  • Terma A/S は Lockheed Martin Corp. との間で、F-35 の低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ロット 12-14 を対象とする新たな長期合意 (LTA : Long-Term Agreement) をまとめた。(Terma 2018/2/7)
  • 米海軍航空システム軍団 (NAVAIR : Naval Air Systems Command) は、2018/1/18 に CH-53K が JLTV (Joint Light Tactical Vehicle) の吊下空輸試験を実施していたことを明らかにした。(US Navy 2018/2/6)
  • Cubic Corp. 傘下の CGD (Cubic Global Defense) が、米欧州軍 (USEUCOM : US European Command) 麾下の Joint Training and Exercise Division を対象とする分析支援業務契約を受注した。JEP (Joint Exercise Program) と Title X 演習を対象として、訓練・演習を対象とする。(Cubic 2018/2/7)

今日の報道発表 (その他編)
  • Thales は仏国防調達局 (DGA : Direction Generale pour l'Armement) から、次世代 SSBN (SNLE 3G : Sous-marin Nucleaire Lanceur d'Engins 3G) に搭載する新型ソナーの研究開発契約を受注した。期間は 42 ヶ月間。2016 年に受注していた ALRO 曳航ソナーの開発契約に続くもの。(Thales 2018/2/7)
  • Terma A/S はオランダ空軍 (RNLAF : Royal Netherlands Air Force) から、F-16AM/BM 搭載用の AAMS (Aircraft Audio Management System) を受注した。A 型×45 機、B 型×1 機に装備する。3D オーディオによる状況認識と併せて、ANR (Active Noise Reduction) と ENR (Electrical Noise Reduction) を導入してノイズを低減、パイロットの疲労を抑制する。米州兵航空隊 (ANG : Air National Guard)、米空軍予備役軍団 (AFRC : Air Force Reserve Command)、デンマーク、ベルギーでは 2009 年から導入しているアイテム。(Terma 2018/2/7)
  • Typhoon FGR.4 の試験・評価を担当しているイギリス空軍 No. 41(R) Sqn. (RAF Coningsby, Lincolnshire) が先日、Storm Shadow と Meteor の試射を成功裏に実施。Project Centurion の責任者を務める John Cunningham 大佐は「2018 年末までに、Typhoon の全能力に比肩する能力を備えた機体はなくなる」とコメント。Project Centurion の目的は、2019 年に退役する Tornado GR.4 から Typhoon FGR.4 への円滑な移行を実現すること。(BAE Systems 2018/2/6)
  • Iveco Defence Vehicles は、ノルウェー軍の兵站部門・NDMA (Norwegian Defence Material Agency ) に LAV (Light Armoured Vehicle)×62 両をデリバリー、これで第四次受注分は完納となった。納入式典は Iveco Defence Vehicles の本社 (Bolzano, Italy) で実施。(Iveco Defence Vehicles 2018/2/6)
  • ラトビア軍が、アメリカの FMF (Foreign Military Financing) 資金を使って Polaris Government & Defense 製の軍用車輌×62 両を取得することになった。顔ぶれは MRZR-2、MRZR-4、MV850 などで、機動性の向上に資するとしている。(Latvian MoD 2018/2/6)
  • NSPA (NATO Support and Procurement Agency) は、2018/2/5 にハンガリーの Papa AB で HAW (Heavy Airlift Wing) の C-17A がハンガリー軍空挺部隊と組んで降下訓練を実施した、と発表した。兵員の降下に加えて CDS (Container Delivery System) による物量投下も実施。(NSPA 2018/2/6)
  • 英国防省は Boskalis Group 傘下の Smit International (Scotland) Ltd. に、イギリス海軍 (RN : Royal Navy) 向けの射場見回り船業務を 7 年間・3,900 万ポンドで発注した。初期契約は 2023/3 までの 5 年間。オプション契約として、2 年間の期間延長に加えて、ヘリ関連の訓練、洋上サバイバル訓練、標的曳航、高速攻撃艇シミュレーション、射場安全確保といった業務を設定する。(Royal Navy 2018/2/6)
  • Yuri Borisov 露国防副大臣は、GPV2027 の下で 2018-2027 年の間に Ka-52 Alligator×114 機を追加配備する、と発表した。新型ミサイルと改良型光学サイトを備えるとしている。このほか、海軍航空隊向けの Ka-27M については 20 機が配備済みで 2020 年までに 30 機を増勢して 50 機にするとの話も。(Russian MoD 2018/2/7)
  • HAL (Hindustan Aeronautics Ltd.) が開発したリアルタイムのランタイム実行環境ソフトウェア・RTOS (Real Time Operating System) を搭載する Hawk-i 練習機が、初飛行を実施した。現用中の海外メーカー製 RTOS に取って代わるのが狙い。(HAL 2018/2/7)
  • Airbus Helicopters は TAI (Thai Aviation Industries) との間で、タイの軍や法執行機関が使用している同社製品を対象とするサポートを行うための協力合意をまとめた。TAI が軍・警察向けのサービス プロバイダとなり、Airbus Helicopters HCare サポートを提供する。対象機種は H125M、H145、H145M、UH-72、AS365、H155、H175、H225M が 40 機ほど。(Airbus Helicopters 2018/2/7)
  • シンガポールの民間航空当局 CAAS (Civil Aviation Authority of Singapore) が ST Aerospace (Singapore Technologies Aerospace Ltd.) と組んで、シンガポールの市街地上空で UAV の見通し線圏外運用を実現するために協力することになった。概念、手順、技術の研究開発を行うもので、用途としては港湾監視、航空機の検査、インフラ建設時の検査、公安といったものを想定している。(ST Aerospace 2018/2/7)

| 先頭に戻る |


戦争・紛争

最近のニュースいろいろ
  • CENTAF (US Air Forces Central Command) と CJTF-OIR (Combined Joint Task Force - Operation Inherent Resolve) は 2018/2/1 付で、イラクの航空戦力について能力改善を図る目的で CAATT (Coalition Aviation Advisory and Training Team) なる助言・支援担当チームを立ち上げた。(USAF 2018/2/6)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |