今週の軍事関連ニュース (2018/06/14)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 英陸軍・第 16 航空強襲旅団・パラシュート聯隊・第 3 大隊・C 中隊 (C Coy, 3 PARA) と、米陸軍・第 82 空挺師団・第 508 空挺歩兵聯隊・第 1 大隊が、米空軍の C-17A でラトビアまで飛んで降下する演習を実施した。演習 "Saber Strike" の一環。(British Army 2018/6/12)

今日のニュースいろいろ
  • Gavin Williamson 英国防相は、イギリス空軍の Typhoon×4 機が 2019 年にエストニアを拠点としてバルト三国向けの上空哨戒任務 (BAP : Baltic Air Policing) を実施する、と発表した。また、2019 年にはアイスランド向けの上空哨戒任務も初めて実施する。(Royal Air Force 2018/6/8)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • Aero Vodochody Aerospace A.S. が IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) と組んで、米空軍の OA-X に L-159 を売り込むことが判明した。もっとも費用対効果の高い選択肢であり、2020 年からのデリバリーが可能だとしている。(FlightGlobal 2018/6/12)
  • AM General は Eurosatory 2018 展示会に、次世代版の HMMWV (High Mobility Multi-Purpose Wheeled Vehicle) プラットフォームを使用する 4x4 車両・NXT360 を出展した。防禦力や生存性、路外機動性、ペイロードの改良を図ったほか、ABS (Anti-Lock Brake System)、ECS (Electronic Stability Control)、トラクション コントロールを備える。エンジンは 6.5L の V8 ターボディーゼル P400 で、出力 250HP (186kW)、トルクは 1,700rpm で 460ft/lbs (624Nm)。(Forecast International 2018/6/11)
  • Kratos Defense and Security Solutions Inc. 傘下の Kratos Defense and Rocket Support Services Division (DRSS) が、ATS-2 (Aerial Target Systems 2) の契約を 5 年間・9,330 万ドルで受注した。米陸軍 TMO (Target Management Office) 向けの案件で、標的機の RDT&E (Research, Development, Test and Evaluation)、COTS (Commercial Off-The-Shelf) 品と非民生品の資材類、テクニカル フライト、エンジニアリング フィールド サポート業務、兵站支援業務、技術支援業務をカバーする。(SpaceWar 2018/6/8)
  • Nexter と KMW (Krauss Maffei Wegmann GmbH & Co. KG) が Eurosatory 2018 展示会に、Leopard 2A7 の車体に Leclerc の砲塔を組み合わせた EMBT (European Main Battle Tank) を出展した。両社のジョイント ベンチャー・KNDS (KMW and Nexter Defense Systems) が資金を出してデモンストレーターを製作したもの。(DefenseNews 2018/6/11, IHS Jane's 2018/6/12)
  • Rafael Advanced Defence Systems Ltd. が、Trophy APS (Active Protection System) の軽量化バージョンを開発して、M2 Bradley に載せて実証試験を実施するための作業を進めている。(DefenseNews 2018/6/11)
  • Airbus Defence and Space の回転翼 OPV (Optionally Piloted Vehicle)・VSR700 が、初の完全無人飛行実証試験を実施した。Helicopteres Guimbal 製の Cabri G2 にデジタル式の制御系統を組み込んで、有人・無人両用とした機体。エンジン出力 155HP、燃料搭載量 296L (さらに 70L の追加が可能)、燃料消費は 30lb/h。(DID 2018/6/11)
  • カナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) の補給艦・HMCS Preserver と HMCS Protecteur を代替する JSS (Joint Support Ship) の計画が経費高騰に直面、23 億カナダドルから 34 億カナダドルへの増額を余儀なくされた。(Forecast International 2018/6/8)

インド向け DCS (DSCA 2018/6/12)
米国防安全保障協力局 (DSCA : Defense Security Cooperation Agency) は議会に対して、インド向けに DCS (Direct Commercial Sale) 経由で AH-64E を輸出すると通告した。総額は 9 億 3,000 万ドル。内訳は以下の通り。
  • AH-64E×6
  • T700-GE-701D エンジン×14
  • AN/APG-78 FCR (Fire Control Radar)×4
  • REU (Radar Electronic Unit) ブロック III×4
  • APR-48B M-RFI (Modernized Radar Frequency Interferometer)×4
  • AGM-114L-3 Longbow Hellfire×180
  • AGM-114R-3 Hellfire II×90
  • AIM-92H Stinger ブロック I×200
  • M-TADS/PNVS (Modernized Target Acquisition Designation Sight/Pilot Night Vision Sensor)×7
  • EGI (Embedded Global Positioning System / Inertial Navigation System)×14
  • ロケット弾、訓練弾、模擬弾、30mm 機関砲と機関砲弾、トランスポンダー、シミュレータ、通信機材、スペアパーツ、補修用パーツ、試験機材、ツール類、支援機材、補修業務、訓練、訓練機材、文書類、工学/技術/兵站支援業務、米国政府またはメーカー関係者の出張支援
担当メーカーは以下の通り。
  • Lockheed Martin Corp. (Orlando, FL)
  • General Electric Co. (Cincinnati, OH)
  • Lockheed Martin Mission Systems and Sensors (Owego, NY)
  • Longbow LLC (Orlando, FL)
  • Raytheon Co. (Tucson, AZ)
オフセットの設定はなし。

今日の米軍調達 (Contracts 2018/6/12)
NAVY
  • Hexagon Federal Inc. (Huntsville, AL) : 艦載用の強化型ハードウェアを $60,857,149 で。NSWC Philadelphia Division (Philadelphia, PA) 向け、2024/5 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center) Philadelphia Division, Philadelphia, PA (N64498-18-D-4001)
  • BAE Systems San Diego Ship Repair Inc. (San Diego, CA) : San Antonio 級ドック型揚陸輸送艦の 11 番艦 USS Portland (LPD-27) を対象とする PSA (Post Shakedown Availability) について、オプション契約分を $18,956,644 で。2019/7 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-16-C-2439)
  • TVA (Tennessee Valley Authority, Knoxville, TN) : NSA (Naval Support Activity) Mid-South (Millington, TN) 向けのエネルギー供給 (UESC : Utility Energy Service Contract) を $7,298,480 で。前契約は N69450-17-G-0106。2019/7 まで。NAVFAC (Naval Facilities Engineering Command), Southeast, Jacksonville, FL (N69450-18-F-0056)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Pacific Consolidated Inc. (Riverside, CA) : 酸素供給システムとスペアパーツを $49,214,088 fixed-price (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊・その他民間部局向け、2023/6/11 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2D1-18-D-0013)
  • UPDATE: Tennant Sales and Service Co. (Minneapolis, MN) : 2017/1/31 発出の懇請 SPE8EC-17-R-0003 に基づく発注の対象に追加。(SPE8EC-18-D-0018)

今日の報道発表 (北米編)
  • Pratt & Whitney は、F-35 用の F135 エンジンを対象とする Growth Option 2.0 を発表した。(Pratt & Whitney 2018/6/12)
  • Saab AB は、Barracuda カムフラージュ製品に関する 2 件の発表を実施した。ひとつは、機動による周辺状況の変化に対応できる Barracuda Adjustable MCS (Mobile Camouflage System)。周囲の姿勢に合わせたカムフラージュ パターンの選択が可能。もうひとつは冬期寒冷地向けの Barracuda Arctic Camouflage Net で、グリーンとグレイの両面構成。(Saab 2018/6/12)
  • Harris Corp. は、米国土安全保障省 (DHS : Department of Homeland Security) の CBP (Customs and Border Protection) で使用する通信機材を 2,600 万ドルで受注した。納入するのはデジタル携帯通信機の XL-200P。(Harris 2018/6/12)
  • Kongsberg Gruppen ASA 傘下の Kongsberg Defence & Aerospace AS は Lockheed Martin Corp. から、F-35の方向舵や垂直尾翼前縁で使用する構造材を 5 億 2,500 万クローネで受注した。低率初期生産 (LRIP : Low Rate Initial Production) ロット 11 分で、数量は 150 機分あまりだとしている。同社が LRIP ロット 3 から製作を請け負っているもの。(Kongsberg Gruppen 2018/6/12)
  • Aero Vodochody Aerospace A.S. が IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) と組んで、米空軍の OA-X に L-159 を売り込む構想を明らかにした。もっとも費用対効果の高い選択肢であり、2020 年からのデリバリーが可能だとしている。(Aero Vodochody Aerospace 2018/6/13, FlightGlobal 2018/6/12)
  • Lockheed Martin Canada は、カナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) の Halifax 級フリゲートを対象とするサポート業務について、3 年間の延長契約を受注した。戦闘システム、指揮管制装置、訓練機材が対象で、2008/11 から実施してきている。(Lockheed Martin 2018/6/12)

今日の報道発表 (その他編)
  • エストニアが、MBDA に Mistral 地対空ミサイルを 5,000 万ユーロ (5,900 万ドル) で発注する件に関する合意をまとめた。2020 年のデリバリーを予定している。さらに追加して、総額 1 億ユーロとするオプションも設定している。(MBDA 2018/6/12, DefenseNews 2018/6/12)
  • MBDA は、短射程 SAM 向けの可搬式防空指揮統制システム・Licorne に C-UAS (Counter Unmanned Aircraft System) 機能を追加した、と発表した。UAV が使用する無線通信を探知する機能と、それを妨害する機能を付け加えることによって実現している。赤外線センサー、レーダー、ESM (Electronic Support Measures) の援用も可能。(MBDA 2018/6/11)
  • スペイン軍の調達部門・DGAM (Direccion General de Armamento y Material) は Thales に、ISR (Intelligence, Surveillance and Reconnaissance) 関連の契約を 2 件発注した。ひとつは海軍向けで、Fulmar X UAV を納入する案件。2017 年末に Fulmar X を導入しており、そちらへの追加も実現する。それと別に陸軍向けで、EO/IR (Electro-Optical / Infared) センサー×2 基を搭載するクラス I UAV [Fulmar ?] を導入する。DGAM が策定した UAV 導入のマスター プラン・RAPAZ に基づく動き。(Thales 2018/6/11, IHS Jane's 2018/6/14)
  • Safran Electronics & Defense は、チェコの Pramacom-HT と組んで、チェコ向けの歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) に Safran の AFV 向けパノラミック サイト・PASEO ISTAR を搭載する、と発表した。両社で MoU に調印したところ。(Safran 2018/6/11)
  • IMI Systems (Israeli Military Industries Systems) と IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) が、共同開発した長射程空対地兵装・Rampage について発表した。両社が持つノウハウや技術資産を組み合わせた成果だとしている。敵の SAM による防空圏の外から発射してロケット推進で飛翔、防禦されたターゲット (通信施設、指揮所、整備拠点、各種インフラなど) を高精度で破壊するとの説明。(IMI Systems 2018/6/11)
  • Otokar は Eurosatory 2018 展示会に、Tulpar 軽戦車を出展した。CMI 製の 2 人用砲搭 Cockerill 3105 に 105mm 砲を組み合わせて搭載する。この 105mm 砲は自動装填装置を持ち、NATO 仕様の砲弾に加えて Falarick 対戦車ミサイル (GLATGM : Gun-Launched Anti-Tank Guided Missile) の発射も可能。(Otokar 2018/6/11)

今日の米軍調達 (Contracts 2018/6/11)
NAVY
  • GDEB (General Dynamics Electric Boat Corp., Groton, CT) : Virginia 級 SSN・PCU New Jersey (SSN-796) と PCU Iowa (SSN-797) で使用するブロック IV 艦載補修用パーツの調達について、オプション契約分を $36,451,516 で。SSN-796 の分が 2021/2 まで。SSN-797 の分が 2021/8 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-12-C-2115)
  • Armtec Countermeasures Co. (Coachella, CA) : Airborne Expendable Countermeasure Program の下で調達するチャフ カートリッジ 6 種類の製造を $33,761,500 で。2021/6 まで。NAVSUP (Naval Supply Systems Command) Weapon Systems Support, Mechanicsburg, PA (N00104-18-D-NY01)
  • Reynolds System Inc. (Middletown, CA) : 炸薬の生産支援業務を $9,834,034 で。研究開発、試験・評価、ハードウェア製作、起爆装置の製作などを担当。2022/4 まで。NSWC (Naval Surface Warfare Center) Dahlgren Division, Dahlgren, VA (N00178-17-Q-3038)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • GDOTS (General Dynamics Ordnance and Tactical Systems Inc., Williston, VT) : 機関銃の銃身を $17,879,488 で。陸軍向け、2023/6/9 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Land and Maritime, Warren, MI (SPRDL1-18-D-0105)
  • Simmonds Precision Products Inc. (Vergennes, VT) : 電気/機械式アクチュエータ (EMA : Electro-Mechanical Actuator) を $7,552,692 で。陸軍向け、2019/9/30 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Aviation, Redstone Arsenal, AL (SPRRA1-18-C-0039)

今日の報道発表 (北米編)
  • Lockheed Martin Corp. は米空軍に、F-35A (AF-150) をデリバリーした。これが F-35 全体で通算 300 機目にあたる機体。(Lockheed Martin 2018/6/11, IHS Jane's 2018/6/12)
  • BAE Systems は、CONTEXTS (Causal Modeling for Knowledge Transfer, Exploration, and Temporal Simulation) なるソフトウェアを開発中。紛争につながる政治的・地理的・経済的緊張をモデル化して、計画立案者が「想定外の事態」に直面する事態を避けられるように支援するのが目的。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency) が後援している案件で、米空軍 AFRL (Air Force Research Laboratory) から 420 万ドルのフェーズ 1 契約を受注して作業を進めている。(BAE Systems 2018/6/11)
  • Northrop Grumman Corp. が買収した Orbital ATK Inc. はNorthrop Grumman Innovation Systems Inc. と改称、合わせて債務肩代わりに関する発表がなされた。(Northrop Grumman 2018/6/11)
  • 米海軍海洋システム軍団 (NAVSEA : Naval Sea Systems Command) は、米海軍向けの沿岸戦闘艦 (LCS : Littoral Combat Ship)・USS Sioux City (LCS-11) の領収試験が 2018/5/25 に完了した、と発表した。INSURV (Board of Inspection and Survey) が実施していたもの。同艦は就役後、USS Milwaukee (LCS-5)、USS Detroit (LCS-7)、USS Little Rock (LCS-9) ともども、フロリダ州 Mayport を母港とすることになっている。(NAVSEA 2018/6/8)

今日の報道発表 (その他編)
  • Rheinmetall Defence AG は、新型の LHS (Load Handling System)・Supashock ALHS (Automated Load Handling System) のローンチを発表した。コンテナ、モジュール、フラット ラックの揚搭を迅速に行うための機材で、戦闘環境下でもキャブ内部から遠隔操作できる。設計はオーストラリアの Supashock が担当した。Eurosatory 2018 では、17t 級の ALHS 17 を RMMV (Rheinmetall MAN Military Vehicles) の HX 8x8 トラックと組み合わせて展示する。(Rheinmetall Defence 2018/6/11)
  • Thales は、新型の熱線映像装置 Sophie Ultima のローンチを発表した。双眼鏡、赤外線ターゲット ロケーター、昼光用レーザー目標指示器、テレコンバーターの機能を 2.5kg の筐体にまとめてある。装備の軽量化と戦術面の優位性をもたらすとしている。また、モジュラー化によって将来の拡張性も実現するとしている。(Thales 2018/6/11)
  • MBDA は、フランス陸軍が 5 月に実施した MMP (Missile Moyen Portee) 対戦車ミサイルの訓練射撃で、所定の 4,000m を大きく上回る 5,000m の射程を記録した、と発表した。(MBDA 2018/6/10)
  • BAE Systems は Eurosatory 2018 展示会に、iFighting ソリューションを組み込んだ CV90 Mk.IV 歩兵戦闘車 (IFV : Infantry Fighting Vehicle) を出展している。(BAE Systems 2018/6/11)
  • Patria Oy の Systems Business Unit は Eurosatory 2018 展示会の席上、パッシブ RF (Radio Frequency) センサー 2 機種を発表した。航空監視用の MUSCL (Multi-Static Coherent Location) と、ELINT (Electronic Intelligence) 用センサー・ARIS の後継製品となる ARIS-E ESM (Electronic Support Measures)。(Patria 2018/6/11)
  • イギリス海軍 (RN : Royal Navy) の Trafalgar 級 SSN・HMS Talent が、HM Naval Base Devonport (Plymouth, UK) で実施していた入渠整備を終えて、FOST (Flag Officer Sea Training) 要員が乗り組んでの訓練航海を開始した。(Royal Navy 2018/6/8)
  • Rockwell Collins Inc. が、オーストラリア陸軍 (Royal Australian Army) の CH-47F が装備するアビオニクス機器を対象とする兵站支援業務について、延長契約を受注することになった。CAAS (Common Avionics Architecture System) を対象とするフィールド サービス、プログラム管理、兵站業務、補修、オーバーホールを担当する PBL (Performance-Based Logistics) 案件で、期間は 2020 年まで。豪陸軍の CH-47F が使用する CAAS は過去 20 ヶ月間、AOG (Aircraft On Ground) ゼロを記録している。(Rockwell Collins 2018/6/11)
  • IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) は、RoBattle UGV と BirdEye 650D UAV を組み合わせた国境警備・監視・偵察ソリューションを開発した。複雑かつチャレンジングな作戦環境で使用でき、運用要求に合わせたカスタマイズも可能だとしている。(IAI 2018/6/10)
  • Murmansk 地区の Pechenga に駐屯する、露海軍北洋艦隊麾下の海軍歩兵部隊が、新たに受領した T-80BVM 戦車の慣熟訓練を実施中。(Russian MoD 2018/6/7)
  • カタール空軍 (QEAF : Qatar Emiri Air Force) は、Rafale に搭載するターゲティング ポッドとして Lockheed Martin Corp. 製 AN/AAQ-33 Sniper ATP (Advanced Targeting Pod) の採用を決定した。2019 年のデリバリーを予定している。(Lockheed Martin 2018/6/11)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |