今週の軍事関連ニュース (2019/02/07)
 

| 一般ニュース | 産業・装備・調達 | こぼれ話 |


一般ニュース

今日のニュースいろいろ
  • 2019/2/4 に、フランス空軍 (AdlA : Armee de l'Air)・EC 2/4 "La Fayette" 所属の Rafale B が、ASMP-A (Air-Sol Moyenne Portee-Ameliore) による長距離核攻撃任務の訓練飛行を実施した。(French MoD 2019/2/5)
  • ノルウェー国防省は、2018/11/8 に衝突事故に遭って沈没した KNM Helge Ingstad の揚収作業に、これまでに 5 億クローネを投じていることを明らかにした。(Norwegian MoD 2019/2/5)
  • イギリス空軍 (RAF : Royal Air Force) の Tornado GR.4 が、最後の海外派遣任務を終えて 2019/2/5 に RAF Marham に帰還した。(MoD UK 2019/2/5)

今日のニュースいろいろ
  • 米韓両国協議は、在韓米軍の駐留経費負担を 9,600 億ウォン (8 億 5,800 万ドル) から 10 億ドルに引き上げることで決着した。当初の要求は 12 億ドルだったが、そこまでは実現せず。(The Korea Times 2019/2/5)
  • ドイツ政府が、サウジアラビア向けの Meteor 空対空ミサイルの輸出を禁止した。まだ MBDA からのコメントは得られていない。(Defense-Aerospace.com 2019/2/5)
  • 2019/2/5 にアメリカ南東の大西洋上で、洋上補給中だった USS Leyte Gulf (CG-55) と USNS Robert E. Peary (T-AKE-5) が接触する事故が発生した。これによる死傷者はない。(US Navy 2019/2/5)

今日のニュースいろいろ
  • イラン国営メディアが 2019/2/2 に、射程 1,350km とされる巡航ミサイル Hoveizeh の試射を実施した、と報じた。飛翔距離は 1,200km で、所定の目標に命中した、というのが Amir Hatami 国防相の説明。そのイランの革命防衛隊副司令官を務める Hossein Salami 准将は 2019/2/2 に Press TV の取材で「西側諸国がイランのミサイルを対象とする射程制限を課そうとすれば、イランに対してミサイルの大幅な射程延伸を強いる結果になる」と警告発言をした。(Radio Free Europe 2019/2/2-3, IHS Jane's 2019/2/4)
  • 2019/1/23 に Creech AFB で、723nd OSS (732nd Operations Support Squadron) "Archers" の部隊発足式典が行われた。732nd OG (732nd Operations Group) 麾下の MQ-9 飛行隊を対象とする運用支援を任務とする。(USAF/ACC 2019/2/1)
  • インド国防省の説明によると、FY2019-2020 の国家予算は 27 兆 8,420 億ルピー、うち国防予算は 3 兆 1,893 億 1,220 万ルピー。恩給費は別枠で 1 兆 1,207 億 957 万ルピー。恩給費を含む国防予算が国家予算全体の 15.48% を占める。(Indian MoD 2019/2/1)

| 先頭に戻る |


産業・装備・調達

最近のニュースいろいろ
  • イスラエル政府は、Aeronautics Ltd. によるアゼルバイジャン向けの UAV 輸出を承認する模様。アゼルバイジャンの 2017/8 に Nagorno Karabakh で、Aeronautics 製の Orbiter 1K を使ってアルメニア軍を攻撃したことがある。(Forecast International 2019/2/5)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/2/5)
NAVY
  • Lockheed Martin Aeronautics Co. (Fort Worth, TX) : F-35 の機体を対象とするコスト低減施策の洗い出しと実施について、修正契約を $90,345,180 で。米空軍向け $44,929,818 (50%)、米海軍向け $26,000,000 (29%)、米海兵隊向け $19,415,362 (21%)。2022/6 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-17-C-0001)
  • Q.E.D. Systems Inc. (Virginia Beach, VA) : 巡洋艦と駆逐艦を対象とする CNOA (Chief of Naval Operations Availability) と CMAV (Continuous Maintenance Availability) の実施に関わる、第三者による先行計画立案業務について、修正契約を $11,503,892 で。2020/2 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-15-C-4400)
ARMY
  • CACI-ISS Inc. (Arlington, VA) : Integrated Personnel and Pay System に関する修正契約を $37,234,235 で。2019/5/31 まで。Army Contracting Command, NJ (W15QKN-15-C-0049/P00048)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • SOPAKCO Inc. (Mullins, SC) : ハラール仕様などの MRE (Meal Ready to Eat) を $26,214,300 で。陸軍向け、2024/2/4 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE3S1-19-DZ117)
  • Hoist Liftruck Manufacturing (East Chicago, IN) : 2017/4/20 発出の懇請 SPE8EC-17-R-0008 に基づく、民生用のトラックとトレーラーの調達先に追加。(SPE8EC-19-D-0038)
DHA (Defense Health Agency)
  • Bluewater Federal Solutions Inc. (Chantilly, VA) : Military Health System に関連する、モバイル アプリケーションの開発、Web デザイン、試験、情報保全がらみの法令遵守、リスク低減といった作業を $8,194,502 で。2019/2/1 に発効、オプション契約 4 年分も設定。DHA (Defense Health Agency), Contracting Office - Health Information Technology, San Antonio, TX (HT0015-19-F-0022)

今日の報道発表 (北米編)
  • 米海軍は、2019/1/31 に AN/SPY-6(V)1 AMDR (Air and Missile Defense Radar) による弾道ミサイル探知・追尾試験を成功裏に実施した、と発表した。これで、AMDR は設定された 20 のマイルストーンすべてを達成。(US Navy 2019/2/5, Raytheon 2019/2/5)
  • Raytheon Co. と米海軍は SDTS (Self Defense Test Ship) を使い、SSDS (Ship Self Defense System) Integrated Combat System の実射試験を成功裏に実施した。この種の試験としては初めてのもの。(Raytheon 2019/2/5)
  • Richard V. Spencer 米海軍長官が、Independence 級沿岸戦闘艦 (LCS : Littoral Combat Ship) の 18 番艦について、艦名を USS Kingsville (LCS-36) とする、と発表した。テキサス州の街の名前にちなんだもの。また、LCS-38 については艦名を USS Pierre (LCS-38) とする、との発表もあった。こちらはサウスダコタ州の州都にちなんだ命名。(US Navy 2019/2/4-5)
  • 一方、Freedom 級沿岸戦闘艦 (LCS : Littoral Combat Ship) の 8 番艦、USS Billings (LCS-15) の領収式典が、2019/2/1 に行われた。建造所は Fincantieri Marinette Marine。この後の同型艦の動向は、USS Indianapolis (LCS-17) が今夏からの公試開始に向けて準備中、USS St. Louis (LCS-19) は 2018/12 に進水、USS Minneapolis-Saint Paul (LCS-21)、USS Cooperstown (LCS-23)、USS Marinette (LCS-25)、USS Nantucket (LCS-27)、USS Beloit (LCS-29)、艦名未定の LCS-31 が建造中。(NAVSEA 2019/2/4)
  • 米海軍は 2019/1/30 に B.L. Harbert International に対して、MQ-25 Stingray の RDT&E (Research, Development, Test and Evaluation) で使用する格納庫の建設工事を 4,180 万ドルで発注した。場所は NAS (Naval Air Station) Patuxent River で FY2020 の末までに完成の予定。(NAVAIR 2019/2/1)

今日の報道発表 (その他編)
  • Saab AB はフランス軍の航空機整備部門・DMAe (Direction de la Maintenance Aeronautique) から、地上配備の Giraffe AMB レーダーを対象とするサポート業務契約を受注した。2019/1-2021/1 までで、さらに 1 年単位で 2026 年までのオプション契約を設定。フランス軍には、2006 年から Giraffe AMB を納入している。(Saab 2019/2/5)
  • Leonardo Sp.A の電子戦部門 (Luton, UK) が、NATO の JEWCS (Joint Electronic Warfare Core Staff) で使用する電子戦訓練機材を 1 億 8,000 万ユーロで受注した。国際コンペティションで採用が決まったもので、Cobham plc ならびに Elettronica と組んでの納入。Cobham plc は Leonardo からの契約により、航空用と NASMDEF (NATO Anti-Ship Missile Defence Evaluation Facility) 用の電子戦訓練ポッドを納入する。発注元は JEWCS のホスト国であるイギリスの国防省、設置場所は RNAS Yeovilton。(Leonardo 2019/2/4, Cobham 2019/2/5)
  • フィンランド軍の兵站部門が 2019/2/1 に Jussi Niinisto 国防相から、Insta Defsec Oy に情報・監視・指揮統制関連システムの開発とサポート業務を発注する件の承認を得た。期間は 2019-2021 年で、さらに 2022-2023 年分のオプションを設定。契約額は 1,310 万ユーロ、45 名分の雇用につながるとしている。(Finnish MoD 2019/2/5)
  • RAF Cranwell で、4,400 万ポンドを投じた高 G 訓練/研究施設が完成した。設置した遠心加速器は UKMFTS (UK Military Flying Training System) を通じて英海空軍のパイロットが使用する。(MoD UK 2019/2/4, Thales 2019/1/30)
  • 英陸軍は BiSim (Bohemia Interactive Simulations) に、仮想現実技術を活用する訓練機材・VRLT (Virtual Reality in Land Training) を 100 万ポンドで発注した。高解像度 VR ヘッドセットに、実際にある物体を目視する MR (Mixed Reality) を併用する。(MoD UK 2019/2/4)

今日の米軍調達 (Contracts 2019/2/4)
DeCA (Defense Commissary Agency)
  • Coast Produce Co. (Los Angeles, CA) : 基地購買部向けの野菜・果物類を $153,648,855 で。2021/2/21-2021/2/21 まで。さらに 2024/2/21 までのオプション契約を設定。DeCA (Defense Commissary Agency), Fort Lee, VA (HDEC02-19-D-0002)
NAVY
  • GDBIW (General Dynamics Bath Iron Works, Bath, ME) : Arleigh Bark 級駆逐艦を対象とするヤード サービス業務を $126,171,106 で。設計、計画、資材支援を担当。オプション契約分まで含めた総額は $719,178,832。2024/1 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-19-C-4452)
  • Swiftships LLC (Morgan City, LA) : LCU (Landing Craft, Utility) の新型について、オプション契約分を $26,683,722 で。2021/5 まで。NAVSEA (Naval Sea Systems Command), Washington Navy Yard, Washington DC (N00024-18-C-2401)
  • Kingfisher Systems Inc. (Falls Church, VA) : Marine Corps Cyberspace Operations Group (Quantico, VA) 向けの、サイバー分野のサポート サービス業務を $14,236,278 で。基本契約は 2019/2/4-2020/2/3 まで。オプション契約分まで含めた総額は $73,344,685、2024/2/3 まで。SSC (Space and Naval Warfare Systems Center) Pacific, San Diego, CA (N66001-19-C-3406)
  • Northrop Grumman Systems Corp., Military Aircraft Systems (Melbourne, FL) : E-2D Advanced Hawkeye を対象とする MIDS-JTRS (Multifunctional Information Distribution System - Joint Tactical Radio System ) の導入関わる初度費について、修正契約を $11,654,051 で。日本向け FMS (Foreign Military Sales) 案件、2020/6 まで。NAVAIR (Naval Air Systems Command), Patuxent River, MD (N00019-13-C-9999/P00068)
  • CCC (Canadian Commercial Corp., Ottawa, Ontario, Canada) : 艦艇とウェポン システムの試験に関わるサービス業務を $11,382,478 で。標的の設定、試験の計画立案と実施、分析作業など。作業場所は以下の通り。
    • Point Mugu, CA (85%)
    • Ridgecrest, CA (6%)
    • Las Cruces, NM (3%)
    • Kauai, HI (2%)
    • Salt Lake City, UT (2%)
    • Lompoc, CA (1%)
    • その他 (1%)
    2024/2 まで。NAWC-WD (Naval Air Warfare Center Weapons Division), China Lake, CA (N68936-19-D-0008)
DLA (Defense Logistics Agency)
  • Beacon Point & Associates LLC (Cape Coral, FL) : 医療関連機材とアクセサリー類を $49,000,000 (価格修正条項付き) で。陸海空軍・海兵隊向け、2024/2/3 まで。DLA (Defense Logistics Agency) Troop Support, Philadelphia, PA (SPE2DH-19-D-0010)
AIR FORCE
  • Akima Logistics Services LLC (Herndon, VA) : JB (Joint Base) Andrews で実施する燃料サービスと補給サービスを $13,536,602 で。2020/2/29 まで。11th Contracting Squadron, JB (Joint Base) Andrews, MD (FA2860-19-C-0004)
DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency)
  • General Dynamics Mission Systems Inc. (San Antonio, TX) : 機密 IT サービス業務について、修正契約を $11,816,042 で。累計受注額は $105,016,388 から $116,832,430 に。2020/2 まで。DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency), Arlington, VA (HR0011-16-C-0001/P00037)

今日の報道発表 (北米編)
  • 2019/2/1 に GDBIW (General Dynamics Bath Iron Works, Bath, ME) で、USS Carl M. Levin (DDG-120) の起工式が行われた。(US Navy 2019/2/2)
  • Northrop Grumman Corp. は ESG (Eastern Shipbuilding Group) から、米沿岸警備隊 (USCG : US Coast Guard) の OPC (Offshore Patrol Cutter) に搭載する Command, Control, Communications, Computers, Intelligence, Surveillance and Reconnaissance) 機材と、艦橋・航法・主機管制・ミッション管制機材を受注した。1 番船の USCGC Argus (WMSM-915) に搭載する分と、2 番船の USCGC Chase (WMSM-916) に搭載する分の先行調達で構成。(Northrop Grumman 2019/2/4)
  • カナダ国防省が General Dynamics Mission Systems-Canada に、カナダ海軍 (RCN : Royal Canadian Navy) の Halifax 級フリゲートが装備する水中センサー機材のアップグレード改修契約を 1 億 8,600 万カナダドルで発注した。最初の改修艦は 2021 年に作業を終えて 2022 年に運用復帰の予定。計画名称は UWSU (Underwater Warfare Suite Upgrade)。(Canadian DND 2019/2/1)
  • 加公共調達省 (PSPC : Public Services and Procurement Canada) が Raytheon Canada Ltd. と UTIAS SFL (University of Toronto Institute for Aerospace Studies / Space Flight Laboratory) に、極地監視能力の強化を企図して 2 件・総額 4,620 万カナダドルの契約を発注した。(Canadian DND 2019/2/1)
  • Elbit Systems Ltd. の米国現地法人 Elbit Systems of America LLC が SSAI (Support Systems Associates Inc.) から、米州兵航空隊 (ANG : Air National Guard) の RC-26B で使用するアビオニクス機材のリフレッシュ作業を受注した。初期契約は 500 万ドルで、2021 年までかけてテキサス州 San Antonio の事業所で作業を進める。オプション契約分まで含めると 2,200 万ドルの案件。(Elbit Systems 2019/2/1)

今日の報道発表 (その他編)
  • オーストリア国防省は、S-70 Black Hawk×3 機の追加発注を発表した。ACE Aeronautics 経由の調達で、これで総数は 12 機となる。追加発注分は 2021 年から納入を始める予定。また、既存の 9 機を対象とするアビオニクス更新を進めており、2021 年に完了の予定。2002/9/1 に最初のフライトを実施して同年中に運用を開始、無事故で累計飛行時間 25,000 時間を記録している。(Austrian MoD 2019/2/1)
  • スウェーデン軍国防資材局 (FMV : Forsvarets Materielverk) は、HB Utveckling ABで CV90 ベースの自走迫撃砲 Grkpbv90 (Granatkastaranscarband 90) の前量産モデルがロールアウトした、と発表した。(Forsvarets Materielverk 2019/2/1, IHS Jane's 2019/2/5)
  • エストニア海軍の旗艦を務める掃海艇 EML Admiral Cowan が、アップグレード改修を完了した。この後は 5 月に北海で運用評価試験を実施する予定。続く EML Sakala も 2018/12 に Rosyth に到着している。晩春には 3 隻目の EML Ugand も続く予定。(Babcock 2019/1/31, IHS Jane's 2019/2/1)

| 先頭に戻る |


こぼれ話

| 先頭に戻る |


AFPS : American Forces Press Service
JDW : Jane's Defence Weekly
DID : Defence Industry Daily

Contents
HOME
Works
Diary
Defence News
Opinion
About

| 記事一覧に戻る | HOME に戻る |