税務訴訟
 

ストックオプション、ならびに ESPP の利益を
「給与所得」とみなす根拠は
いずこにありや (繰り返し) いずこにありや
全世界は知らんと欲す

国家公務員法 第 99 条 (信用失墜行為の禁止)
職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の
不名誉となるような行為をしてはならない。


これでわかる ストックオプション税務訴訟の争点

Part I : ストックオプション制度とは ?
ストックオプションがどんな制度か御存じない方は、まずはこちらを御覧ください。制度の概要と、得られる利益の本質について解説しています。PowerPoint をお持ちでない方は、Microsoft ダウンロードセンターで PowerPoint ビューアをダウンロードすると御覧いただけます。

Part II : 国税不服審判所で使用したプレゼンテーション
2002 年 12 月に東京国税不服審判所に乗り込み、プレゼンテーションを行った際に使用した PowerPoint ファイルを、こちらからダウンロードできます。

Part III : ストックオプションの課税問題に関する納税者側の主張
Word 文書になっていて、こちらからダウンロードできます。不服申立、あるいは審査請求の際に添付する理由付けの文書として、そのまま、あるいは内容を適宜修正して、自由に利用してください。配布も自由です。

How To ストックオプション税務訴訟
これを読めば、申告から訴訟までの基本的な流れが分かります。これから当局とバトルしようと考えている方は必読 !


Main Contents

ここでは、私が巻き込まれた騒動の経緯と、関連する文書、私の側の主張について取り上げます。

Round.0 : あらためて決意表明

Round.1 : そもそもの発端
まず、本件がいかなる事実経過をたどったのかを確認

Round.2 : 私の主張
私が本件に関し、どのような主張を持っているかを説明

Round.3 : 税務調査の攻防を実況中継
税務調査の席における、当局側の主張の支離滅裂ぶりを白日の下に

Round.4 : 当局側の欺瞞に満ちた主張と、その背景を考える
当局の主張が、いかなる無理と欺瞞で固められているかを検証してみると

Round. 5 : かくも支離滅裂な課税現場の実情
ストックオプション課税に関する、課税現場の支離滅裂ぶりを暴露 !

Round.6 : ある読者投稿
読者の方から投稿がありました。当局の魔の手は、なんと ESPP にも伸びていたという新事実発覚 !!

Round.7 : ある読者投稿 2
自分のミスの「ツケ回し」は、国税庁の常套手段 ?

Round.8 : ちょっとブレイク
いきり立った内容の記事ばかりでもなんなので、たまには「吉野家のコピペ」で気分転換を。業界ネタ満載の「国税ジョーク」も新登場♪

Round.9 : その後の事態の推移
上記のコンテンツをまとめた後の、2001 年中の事態の推移

Round.10 : レジスタンスの薦め
おかしいと思ったことはおかしいといわなければ、世の中は変わらない。税務署員の出世の踏み台となって泣き寝入りさせられてもいいのか ?

Round.11 : 2002 年・最終決戦への序曲
国税庁が「調べた」と称する数字には算定根拠が伴っていない。というわけで、爆弾投下を決定

Round.12 : これが公開質問状だ
当局側の言い分を問いただすべく、税務署長と東京国税局長に突きつけた「公開質問状」の内容を全公開。まともな答えができなければ、当局の負け決定

Round.13 : 納税者主権の興亡、この一戦にあり
「公開質問状」は、予想通りの完全無視。お待ちかねの「更正通知書」がやってきたので、いよいよ Z 旗を掲げて開戦を宣言

Round.14 : 祭りだ ! 突撃だ !
準備万端整えて、ついに不服申立をぶちかましたのだ

Round.15 : 名無し税務署員による却下通知 / 同 II / 同 III
王子税務署の名無し氏が、予定通り、期限ギリギリに却下通知を持って来た。

Round.16 : 審査請求なのだ
猶予は 1 ヶ月しかない。却下通知から 10 日後に審査請求を提出。

Round.17 : 「使用人としての地位」に拘泥して駄々をこねる国税庁
「他の事情はどうあれ、とにかく使用人としての地位が絡んでるから給与なんだ〜」と駄々をこね続ける国税の醜態とは。

Round.18 : うちじゃないけど勝訴判決、の巻
ほら〜、いわんこっちゃない。

Round.19 : コピペ裁決書、の巻 / 裁決書 1 / 同 2 / 同 3
原処分庁の主張をコピペしただけならまだしも、ありもしない文言を「証拠」として捏造するとは !

Round.20 : 小ネタいろいろ
これまで見落としてきていた小ネタを、いろいろと拾っておこうと思う。

Round.21 : いよいよ訴訟開始
というわけで、提訴しました。でも、現時点ではそれだけ。

Round.22 : ちょっとブレイク 2
怒るな、笑え。がモットーの私としては、ぜひともこのネタをやりたかった。

Round.23 : そして審理が始まった
いよいよ審理が始まった。目指せ最高裁 !

Round.24 : 判決です
予想外のスピード審理、その結果は、誰が書いたのか分からないような判決文だった。

Round.25 : 相も変わらず意気軒昂
その後の動向や心境、高裁審理開始前の出来事など。

Round.26 : ちょっとブレイク 3
脳漿を絞って編纂した「悪魔の国税辞典」初公開。苦情は受け付けません (笑)

Round.27 : 東京高裁民事 17 部はやる気が (以下略)
まあ、どっちが勝っても最高裁に行くのは同じなわけで…

Round.28 : 高裁判決の問題点など
矛盾と予断で塗り固められた判決文が出てきた。

Round.29 : そして終章へ
もう誰も信じない !

Annex A : 関連記事リンク
Web 上にある関連記事へのリンク集


ところで。こういう煩いことを書きたてる私の首根っこを締め上げるために、国税は取引先に対して、私に仕事を出さないように圧力をかけるだろうか ?
それとも、仕返しの税務調査にやってくるだろうか ?

Z 旗

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Special
Hobby
Ski
About
Old contents

| 記事一覧に戻る |