書籍情報 : Excel 2000 パワーガイド
 

Excel 2000 パワーガイド (ISBN4-87966-941-5)
(株) 秀和システム \3,200- (税別) 1999/11/30 発売
かつて MSKK で Excel のテストに従事し、Excel に通暁した著者が繰り出した渾身の一冊。
Microsoft Excel の最新バージョン、Excel 2000 の基本を理解し、さらに、より便利に・より手際よく使うためのワザやヒントを、多数の実例とともに満載。
また、機能的に共通する部分の多い Excel 97 の解説書としても流用可能。

オールカラー、544 ページ。


刊行後の追加情報

Windows 2000 上でのテンプレートの置き場所 (2000/3/9 追加)
Windows 2000 上で Excel 2000 を実行した際の、ユーザー自身が作成したテンプレートの保存場所は、以下のようになります。(C: ドライブに Windows 2000 をセットアップした場合)

C:\Document and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Microsoft\Templates

Macintosh版とファイル交換した場合の日付形式について (99/11/30 追加)
Windows 版 Excel で作成したファイルを Macintosh 版 Excel で開くと、日付形式の区切り文字が、「 / 」から「 . 」に変わります。これは、Excel が標準で使用する区切り文字が OS で設定された値に依存しているためで、それが Windows では「 / 」、Macintosh では「 . 」というわけです。
Macintosh でも「 / 」を使用したい場合は、コントロール パネルの [日付&時刻] で、区切り文字を変更してください。(逆に、Windows 側でコントロール パネルの[地域] を使い、「 . 」を指定することもできます)

"SDI モドキ" の機能制限 (99/11/30 追加)
Excel 2000 では、複数のファイルを同時に開いていると、開いたファイルがそれぞれアイコンとしてタスクバーに現れ、[Alt]+[Tab] で切り替えられますが、この機能が働かないケースがあるようです。
それは、Windows 95 (OSR 2.1 以前) と Windows NT 4.0 で、IE 3.0x しかインストールしていない環境に、いきなり Office 2000 をインストールしたケースです。この場合、IE 4.0x がスキップされるためにシェルがアップデートされず (IE 5.0 はシェルのアップデートを含まない)、その場合は [Alt]+[Tab] によるファイル切替が動作しないようです。

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |